• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能
ロゴ
  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

VIO医療脱毛で知っておくべき知識

渋谷VIO脱毛

女性のデリケートゾーンのVIO脱毛については、ニーズが高い半面、不安も強く施術に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。特に施術担当者が同性であるかに関わらず、該当部位を人目にさらして施術をしなければならないという恥ずかしさもお感じになるかと思います。

当院としましては、だからこそ回数を抑えられる効果の高い「医療脱毛」をオススメしたいと考えております。ここでは、VIO脱毛を行なう際に知っておくべきポイントをまとめさせていただきました。


VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)の基礎知識

VIO脱毛は、場合によりハイジニーナ脱毛と呼ばれたりもします。基本的に両者の意味に違いはなく、ハイジニーナ脱毛という場合、V・I・Oゾーンの3箇所を合わせたデリケートゾーンの脱毛を指しています。

VIO脱毛の該当範囲

Vラインの範囲

Vラインとはビキニラインのことで、ヘソの下から腸骨を結ぶラインを上限とし、脚の付け根を下限とした範囲を指します。

Iラインの範囲

IラインのIは形状として性器に対する意味合いがあり、性器周辺と肛門までのエリアをIラインと呼んでいます。ただし、性器の粘膜部分の脱毛施術は行なえないことを事前にご理解ください。

Oラインの範囲

Oラインとは肛門周辺を指す言葉です。おしりの表面については、Oラインの施術には該当しませんので予めご了承ください。

自己処理や中途半端な施術リスク

硬毛化や増毛化、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛をもたらす可能性

VIOゾーンのムダ毛処理については、一般的に自己処理されている割合が非常に高くなっています。 毛抜きやカミソリでのセルフケアでは、毛の毛根組織を破壊できないばかりか、毛を生成する幹細胞にかえって刺激を与えてしまったり、菌が入り込んで小さな赤みを生じることがあります。

また、毛が皮膚の中に埋もれてしまい黒くプツプツとした状態に陥る可能性もあります。 デリケートゾーンのムダ毛処理では、特に次のような状態に陥ることが多くなります。


VIO脱毛のリスク

硬毛化・・・かえって毛が太く濃くなってしまう状態になること

増毛化・・・かえって毛量が増えてしまう状態になること

毛嚢炎・・・毛穴のバリア機能が低下し、菌が入り込んで小さな白ニキビのような状態になること

埋没毛・・・毛が皮膚の中に埋もれてしまい、黒いプツプツとなって見えてしまう状態になること


上述の症状は、毛抜きやカミソリでの自己処理だけでなく、強い出力で光を照射できない光脱毛やフラッシュ脱毛といった「エステ脱毛」でも頻繁に起こります。(※毛嚢炎については、医療脱毛でも少なからず起こる症状ですが、1~2週間程度で自然に治まるのが通常です)。

自己処理ならまだしも、エステ脱毛で「優しい光」を選択し、かえって毛まで濃くなってしまっては本末転倒です。デリケートゾーンの毛量調整や脱毛に関しましては、上述したようなリスクを極力回避できる効果の高い「医療脱毛」をご選択ください。


VIO脱毛の特徴

VIOゾーンの毛の特徴とレーザー脱毛器の相性

しっかりとした太い毛(←レーザー光を反応させやすい)

デリケートゾーンに生える毛は、比較的しっかりとした太い毛です。日本人の場合は、毛色も黒いことが一般的で他の部位と比較してもメラニン色素を多く含んでいることが特徴的です。レーザー脱毛で照射するレーザーは、メラニン色素によく反応する波長の定まったレーザー光です。

照射されたレーザー光が効率よく毛のメラニン色素に吸収され、熱エネルギーとなって毛根奥の毛乳頭(および毛母細胞)を破壊します。つまり、メラニン色素を多く含む毛であればあるほど、効果的にレーザーを反応させることができるため、効果の高い脱毛を狙いやすいという特徴があります。

深い位置にある毛根(←レーザー熱を届かせにくい)

一方、VIOゾーンの毛は一般的に他の部位に比べて毛根が深い位置にあるという特徴もあります。このため、一般的にレーザー熱をうまく毛根内部にまで届けることが困難であるという性質も有しています。

各レーザーが皮膚のどの程度の深さにまで到達するかという「深達度」は、その医療用レーザー脱毛器によって異なっていますので、レーザーの深達度が深いレーザー脱毛器を使用することが効果的になります。

主要な医療用レーザー脱毛器が放つレーザーの特徴

下記のように、国内で導入されている主要なレーザー脱毛器には、そのレーザーの波長の違いによって、次のような特徴が生まれます。


レーザー脱毛器 波長 メラニン色素への反応 皮膚組織への深達度
アレキサンドライトレーザー 755nm ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
ダイオードレーザー 800nm / 810nm ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
YAGレーザー 1,064nm ☆☆☆ ☆☆☆☆☆

※上記の3機種は医療用レーザー脱毛器として国内で普及している主要なものです。


ご覧のように、メラニン色素に反応させやすい医療用レーザー脱毛器(アレキサンドライトレーザー)は皮膚組織への深達度は浅く、過度にメラニン色素に反応しないレーザー脱毛器(YAGレーザー)は皮膚組織への深達度が深いという特徴があります。

このようなことから、VIOゾーンの施術としては「メラニン色素に反応しやすいレーザー脱毛器」を用いるべきか、あるいは「毛根奥にまで浸透しやすいレーザー脱毛器」を用いるべきかという問題が生じます。

当院は、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2機種を導入しておりますので、各患者さまの肌質や毛質、毛量などによって調整させていただいております。場合により2つの機器を併用しながら、その患者さまにとって一番効果の高い医療脱毛施術を実現できるように努めています。

施術中の痛みについて

VIOゾーンは比較的痛みを感じやすい部位です

レーザー光を毛のメラニン色素に反応させて毛根組織を破壊する。これが現在最も広く普及している医療脱毛(レーザー脱毛)のメカニズムです。メラニン色素に反応すればするほど、レーザー光が熱となって伝わりますので、一定程度の痛みが伴います。ご説明の通り、VIOゾーンでは比較的太いしっかりとした毛が生えていますので、相対的に痛みが強く出る傾向があります。

特にどの箇所が痛むのでしょうか?

Vラインでは骨に近い位置、Iラインでは性器の外側から内側へ向かうほど痛みを感じやすくなります。Oラインについても、一般的にピリっとした痛みが伴うとされています。

痛みへの対処法はもちろん用意されています

最新のレーザー脱毛器には、「冷却ガス」を噴射しながらレーザー照射をするという機能が備わっています。従来の医療脱毛の絶縁針脱毛でも「冷やすことによる感覚の鈍化」を最大限活用すべく「冷却ジェル」が使用されていました。昨今のレーザー脱毛器には、元々冷却ガスが吹き付けられるという機能が備わっているため、そもそも痛みを感じにくくした状態でレーザー照射が行なわれます。

このため、患者さまによっても異なりますが、腕などの部位などではほとんど痛みを感じないという場合も少なくありません。VIOゾーンに関しましては、もともと痛みを感じやすい部位ですので、冷却ガスの噴射によっても一定程度の痛みを伴うのが通常です。ただし、それが「我慢できないほどの痛み」というレベルに到達することは稀です。

医療機関ですので、麻酔クリームを使用することもできます

痛みの感じ方は人によっても異なります。我慢できないくらいの痛みだと感じる場合、ご遠慮なく施術担当者にお申し付けください。医療機関ですので「麻酔クリーム」を塗布して施術を行うことが可能です。また、出力のレベルを落として痛みを感じにくくするなどの対処もさせていただきます。

無理に痛みに耐えてしまわれては、次回ご来院いただく際に気持ちが重くなってしまいます。効果の面と痛みの面で最大限バランスの取れた施術を行なわせていただきますので、「痛み」や施術についてのご不安点は、遠慮なくお申し付けください。


VIO脱毛を実施する前に考えておくべきこと

もう生えてこなくなるという前提でのデザインをご検討ください

VIO脱毛で「全面的に毛を残さない脱毛」を希望する場合、施術後にもう生えてこないという点を強く念頭に置いてください。デリケートゾーンに完全に毛がない状態は、日本ではまだまだ一般的ではありませんので、後々温泉などに行った際に人目が気になるなどの影響が出るかもしれません。

全ての毛を脱毛した後にやり直しは利きません

脱毛が完了した後に、「やっぱりちょっとやりすぎたので少し生やしたい」とご希望されても、やり直しが利くものではございません。施術直後だけでなく、10年先もその状態が持続することを前提として慎重なご決断をお願い致します。

ご希望のヘアデザインや毛量調整も可能ですのでお気軽にご相談を

当院のVIO脱毛では、全て脱毛してしまうという施術でなくても「毛量を減らす」といった選択や、「ご希望のヘアデザインに沿って脱毛をする」などの施術も可能です。女性の看護師を中心としてご希望をお伺いいたしますので、お気軽にご相談ください。


VIO脱毛のメリット

かわいい水着やセクシーな下着などが着用できる

下着や水着を着用する際、アンダーヘアがはみ出すような心配をする必要がなくなります。はみ出してしまうことを意識せずにご希望のものが選べますので、積極的にかわいい水着やセクシーな下着に挑戦することもできます。

夏場やデート前の自己処理の手間からの解放

夏場の海水浴や行楽シーズン、デートのタイミングなどを意識した自己処理は非常に手間のかかる面倒な作業です。VIO脱毛のみに限定するものではありませんが、医療脱毛で持続的にお手入れの必要のない状態を手に入れていただければ、大幅に日常的な手間から解放されます。

生理中や夏場に感じやすいムレやかゆみからの解放

生理中のかゆみや夏場のムレは非常に不快なものです。毛の量をご希望の範囲に調整していただくことができますので、ムレやかゆみ、気になる匂いなども生じにくくなります。デリケートゾーンがより衛生的になりますので、大きなストレス緩和に繋がっていきます。


渋谷(恵比寿)周辺で「効果のあるVIO脱毛」をご希望の方へ

デリケートゾーンのムダ毛の処理は、日常的に多くの女性を悩ませています。セルフケアでは毛の量が増えてしまう可能性もありますので、できるだけ効果の高い医療脱毛をご選択いただきたいと思います。

当院は、JR恵比寿駅西口東側より徒歩1分の立地条件を備え、渋谷エリアを中心に数多くの女性にお越しいただいております。「学生向けの医療脱毛メニュー」や季節に合ったお得なキャンペーンなどもございます。

年間パスポートなどをお使いいただき、上手く施術プランをご選択いただければ、ご納得いただける料金にて「お手入れの必要を感じさせないお肌」をお求めいただくことが可能です。

VIOゾーンに関わらず、持続的に作用する効果の高い脱毛施術をお考えの方、ぜひお気軽に「ジュエルクリニック恵比寿」までご相談ください。医療機関として信頼と安心を兼ね備えた施術をご提供させていただきます。

予約・問い合わせフォーム