• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

【男は意外と見ている!】鼻毛の処理方法とレーザー脱毛の可否

【男は意外と見ている!】鼻毛の処理方法とレーザー脱毛の可否

誰かと話している時にふと鼻毛が見えているなんてことありますよね。男性上司に対してもそうですが、女性同士でもなかなか言えるものではありません。このような場合、「自分の鼻毛は大丈夫かな?」とふと不安になったりもします。レーザー脱毛施術で鼻毛と決別する方法についてご紹介します。


「鼻毛」は女性のムダ毛で気になる箇所 3位(男性目線)

「鼻毛」は女性のムダ毛で気になる箇所 3位(男性目線)

データ参照:インターワイヤード株式会社 ネットリサーチの「DIMSDRIVE」(2010年6月実施)

以前、【脱毛の秋】男性が気にする女性のムダ毛傾向!でもご紹介しましたが、男性から見た時に気になる女性のムダ毛の第3位に「鼻毛」がランクインしています。

男性で鼻毛が出ている場合には大目に見られることもございますが、やはり女性で鼻毛が飛び出している状況については、男性目線でも許容しにくいものとなっています。 では、油断すると伸びてくる鼻毛の対処方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

不十分なものは目に付きいやすい…

男性は普段女性と会話をしながら「仕上がった眉やメイク」に対しては何も感じませんが、「崩れかけているメイク」や「毛先がポツポツと見える眉毛」については少し気になったりします。

常にパーフェクトである必要はもちろんございませんが、キレイな状態を見慣れている男性や自分が眉の手入れをきっちりとしている男性の場合には、「不十分な手入れ」が目につきやすいという傾向がございます。 医療脱毛であれば、普段必ず処理するような「不要な部分の眉毛」をきっちりと生えてこなくすることが可能ですので、メイク時間の短縮にもなりオススメできます。


「鼻毛のお手入れ」あれこれ

「鼻毛のお手入れ」あれこれ

出典:リサーチパネル「鼻毛の処理はどうしていますか?」

レーザー照射可能な範囲

 鼻毛の処理方法について、ネットアンケートのような形で調査されているものがあったのでご紹介いたします。「リサーチパネル」というアンケート調査会社のもので、この企業の会員が鼻毛の処理方法について6つの選択肢の中から回答する形式のものです。

137,571件の回答については、男女の性別に関わらず集計されたものとなっています。 では、「その他」を除いて多い順に並べて確認してみましょう。

① 鼻毛用のハサミで切る(44.7%)

ご覧のように、鼻毛の処理方法で最も多いものが「ハサミで切る」という結果になっています。通常の「小さめのハサミ」でカットするケースも考えられますが、女性の場合であれば「鼻毛専用のハサミ」や「眉をカットするためのハサミ」を使用するケースが多いかもしれません。

しっかりと鏡を見ながら処理するのであれば皮膚を切ってしまうリスクもあまりございませんので、慣れている場合にはこの方法で問題ないと思います。ただし、ある程度生えてくるまではカットしにくいという側面がございますので、鼻の穴の入り口部分をキレイに見せるという点で言えば完璧な処理方法とは言えないかもしれません。

② 特に何もしない(20.0%)

「特に何もしない」と回答された方の割合が総合的に2位にランクインしています。年齢や性別などが気になるところではございますが、おそらく「あまり鼻毛のお手入れをしなくても飛び出るほど生えてこない」という女性や、「そもそも鼻毛なんて特に気にしていない」という男性が一定程度おられ、これらが混在しているためにこのような数値になっているのではないでしょうか。

飛び出るほど生えてこない場合は何も問題ないのですが、近年では男性であっても「鼻毛は身だしなみの一部」となりつつありますので、「自分が良いのでどうでもいい」という捉え方ではなく、「他人に不快感を与えないようにする」という配慮が必要なのではないでしょうか。

③ 指で引っ張り抜く(19.0%)

女性が鼻毛を指で引っ張って抜いている風景はあまり想像しにくいですが、外出先の緊急避難的な対応としては女性の場合にもあるかもしれません。とは言え、おそらくここでの数値の大半は「男性の回答」が大きく反映されているものだと考えられます。 粘膜部分を傷付けてしまう可能性があるのであまりオススメできませんね。

④ 鼻毛カッターを使う(17.1%)

「鼻毛カッター」は今や性別問わず美容アイテムの一つとなっています。皮膚や粘膜などを切ってしまうことがないように設計されており、鼻に差し込むだけでうまく伸びてしまった鼻毛をカットしてくれるため非常に便利です。

表面的なカットに過ぎませんので定期的な処理が必要になりますが、出かける前の3分で事足るものですので男女問わず一人に一つオススメしたいものです。 アンケート結果では17.1%に過ぎませんが、2015年の調査時期から随分と経過していますので、おそらく現在同じアンケートを実施した場合にはこの数値は高くなっていると予想できます。

⑤ 毛抜きで抜く(13.2%)

3位の「指で引っ張り抜く」とあまり大きな差はございませんが、「毛抜き」を使うという行為にはしっかりと処理したいという意識が伺えます。皮膚自体が薄いエリアですので「痛み」を感じやすくなってしまう点が懸念材料となります。

部分的に出血してしまう可能性もありますので、総合的にはオススメできません。


レーザー脱毛はどうなの?

鼻の穴の入り口付近のみ可能!

レーザー脱毛施術では、「鼻の穴の入り口1cm程度」という限定したエリアにおいて施術可能です。ただし、粘膜部分は照射できませんので、あくまでも「入口付近」を一周するようなイメージになります。

このため、オススメとしては「入り口付近の飛び出しやすい箇所」についてはレーザー脱毛でツルツルの状態にまでもっていき、フィルター機能として重要な役割を担っている「粘膜部分の鼻毛」については、伸びてきた場合にご自身で時々手入れするというのが良い方法かと思います。

当院がオススメする鼻毛処理の方法

鼻の穴の入り口付近(目に付きやすい鼻毛)…レーザー脱毛施術できっちりと処理

鼻の穴内部の粘膜部分…伸びできた場合に「鼻毛カッター」などで処理

女性の場合、鼻の入り口周辺の鼻毛を除去するだけでも「鼻毛の飛び出し」をほぼ回避できます。比較的毛深い女性患者さまであっても、大幅に鼻毛カットなどの処理頻度を落とすことに繋がりますので、ぜひ「レーザー脱毛」と「鼻毛カッター」の合わせ技でムダ毛の身だしなみを強化していただければと思います。


鼻毛は「お顔」の施術に該当します

レーザー脱毛施術で鼻毛にレーザーを照射する場合は、施術部位として「お顔」で施術いただく形になります。鼻下のヒゲなどにも対応できるメニューですが、レーザー脱毛では産毛(うぶげ)のような色味の薄い毛には脱毛効果を届けにくいという傾向がございます。

このため、鼻毛以外にもお顔の施術で「鼻下のヒゲ」や「頬のムダ毛」などをご検討中の場合は事前に当院スタッフまでご相談ください。「無料カウンセリング」という形で随時ご相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用いただければと思います。

予約・問い合わせフォーム