• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

全身脱毛

【全身脱毛のその後】本当にお手入れから解放されるの?

【全身脱毛のその後】本当にお手入れから解放されるの?

全身脱毛でツルスベお肌を手に入れた後は、その後ムダ毛が再生するといったことは起こらないのでしょうか。「医療機関の場合は大丈夫…?」「エステサロンの場合は微妙…?」など施術のタイプによって、その後の未来は変わるのでしょうか?当院はレーザー脱毛施術を提供するクリニックですので、医療脱毛の立場からムダ毛の再生の可能性について考えてみたいと思います。


ムダ毛が再生するかどうかは、永久脱毛の定義でわかる

「永久脱毛」という言葉には客観的な定義があります。以前別のコラムでもご紹介しましたが、この定義を確認していただければ、「レーザー脱毛後にムダ毛が再生し得るのかどうか」がわかると思います。

「永久脱毛」という表現の中に再生される確率が記載

以下に挙げるものは、脱毛施術の発祥元である米国の2つの機関が公的にアナウンスしている「永久脱毛」の定義です。国内で使用されるレーザー脱毛器の多くが米国からの輸入を経て導入されているものですので、日本の脱毛施術で伝えられる「永久脱毛」という効果についても、基本的にはこの内容を踏襲するものとお考えいただけます。

永久脱毛とは

米国電気脱毛協会(AEA)の定義

 最終脱毛施術から1ヶ月後のムダ毛の再生率が20%以下のもの

米国食品医薬品局(FDA)の定義

 3度の脱毛施術完了後、更に6ヶ月を経た時の毛量が元の67%減であるもの

※米国電気脱毛協会(AEA)とは、主に「電気脱毛(≒絶縁針脱毛)」の普及を目指す米国最大の脱毛機関です。米国食品医薬品局(FDA)とは、日本での厚生労働省のような役割を果たす国家機関です。

ポイントは、「再生率20%以下のもの」という表現や「6ヶ月を経た時の毛量が元の67%減」という数値です。つまり、端的に言うと、100%ツルツルの状態で維持されるとは限らず、仮に2割程度ムダ毛が再生されても「永久脱毛」と表現しても良いということになっています

レーザーよりも効果が高いとされる「絶縁針脱毛」でも100%は不可

米国電気脱毛協会(AEA)の定義は、あくまでも「電気脱毛(≒絶縁針脱毛)が謳う脱毛効果としての永久脱毛」について述べているものです。この組織は、電気脱毛(≒絶縁針脱毛)こそ最も優れた脱毛効果を提供できるという立場であり、この組織が自ら100%ツルツルを維持できるわけではないと認めています。

これはつまるところ、レーザー脱毛施術でもこれ以上の好結果を得ることは難しいということを意味します。

歴史の浅いレーザー脱毛…脱毛効果は「絶縁針脱毛≧レーザー脱毛」!?

米国の国家機関FDAでは、まだまだ歴史の浅い「レーザー脱毛」に永久性を紐づけることは時期尚早という立場を取っています。このことからも、レーザー脱毛施術において、脱毛施術完了後にムダ毛が1本も再生されないといった未来を想定するのは厳しいということがお分かりいただけると思います。

永久脱毛の定義については、歴史的な経緯なども含め、以下のコラムで少し掘り下げてご紹介しています。ご興味をお持ちの場合はご覧ください。

参照)「永久脱毛」という言葉の正しい理解

※上記の永久脱毛の定義は「永久脱毛」を謳うときの基準(≒ある種のルール)ですので、「永久脱毛は必ず8割程度の脱毛効果しか期待できない」という意味ではありません。仮に2割弱程度のムダ毛の再生が起こったとしても、概ね永久脱毛の範疇だという指標を示すものだという意味でご理解ください。


「レーザー脱毛後にどの程度再生されるのか?」は個人差がある

全身脱毛のように適切な施術回数をこなしてレーザー脱毛施術を終えた際、ムダ毛の再生がどの程度起こり得るのかについては個人差があります。

「ほぼ、お手入れ不要の状態を維持できる」のは確か

「ほぼ、お手入れ不要の状態を維持できる」のは確か

当院としましては、一概にムダ毛は何%までなら再生し得るなどといった指標は示せません。ただし、レーザー脱毛や絶縁針脱毛の医療脱毛であれば、「ほぼ、お手入れ不要の状態を維持できる」ということは明言できます

もちろん、これは一般的に5~6回程度と案内される同部位施術を受けた箇所のムダ毛の再生率について言えるものです。部位や個人の毛量などによっては、もう少し施術回数が必要な場合もありますので、その際は案内された目安回数を元にした結果の脱毛効果だとご理解ください。

では、なぜ毛根組織を破壊しているはずなのに再生されるといった可能性があるのでしょうか。少しこのあたりについて考えてみましょう。


なぜ、毛根組織を破壊したのに再生されるのか?

レーザー脱毛施術では、メラニン色素に浸透する強力な熱エネルギーによって毛根組織を破壊します。具体的には、毛根奥の「毛乳頭」やその周辺を取り巻く「毛母細胞」を機能不全に追い込みます。このため、毛が再生されるという「ムダ毛再生リスク」はほぼ見込めないということになります。

「バルジ領域」というものがムダ毛の再生に関与!?

バルジ領域」というものがムダ毛の再生に関与!?

「毛乳頭や毛母細胞を破壊すれば、ムダ毛は再生されない」というのがレーザー脱毛施術のベースにあるわけですが、近年の研究で「バルジ領域」という組織に毛包の幹細胞が存在することがわかってきました。

この関係で、たとえ「毛母細胞」や「毛乳頭」を破壊し終えても、バルジ領域の幹細胞が各毛根組織を再び形成してしまう可能性がある、少なくてもその可能性が否定できないということが明らかになってきました。

医療用のレーザー脱毛器は、主に「毛母細胞」や「毛乳頭」に熱エネルギーを送り込むように作られておりますので、「バルジ領域」の中の幹細胞までを死滅させるようにはできていません。そしてこの分野の研究は「男性型脱毛症(AGA)」などとも関連し、まだこれから徐々に明らかになっていくものだとも言えます。

レーザー脱毛の脱毛効果の持続性が覆ったわけではありません

このようなことから、現段階では「レーザー脱毛器での脱毛施術でも少なからずムダ毛の再生リスクがある」ということを頭の片隅に置いておいてください。もちろん、だからと言って「持続的な脱毛効果」が根底から覆るというわけではございません。

「少なからずムダ毛が再生し得る」というそのメカニズムは、このような「バルジ領域」の存在と関係があるといった形で理解していただくだけで十分です。


最もバランスの良いのが医療機関での「レーザー脱毛施術」

最もバランスの良いのが医療機関での「レーザー脱毛施術」

レーザー脱毛施術は、現実的な選択肢として「脱毛効果」、「安全性」、「施術時間」、「施術費用」のバランス上最も優れているものです。脱毛施術をご決断いただく背景には、必ず「お手入れ不要の状態を維持したい」という目的があると思いますので、ムダ毛のお悩みを解消する手段としてはやはり「レーザー脱毛施術」が最適です

一部、バルジ領域に強い「ダイオードレーザー」というレーザー脱毛器も登場していますが、その脱毛効果の検証は通常のレーザー脱毛器(毛乳頭や毛母細胞の破壊を狙ったもの)と比較しても、「まだまだこれから…」といったところです。

アレキサンドライトレーザーが最も普及した医療用レーザー脱毛器

まだ施術効果の検証が不十分な「ダイオードレーザー」に頼るよりも、どちらかと言えば、施術実績も豊富な「ジェントルレーズプロ(ロングパルス・アレキサンドライトレーザー)」で施術をお受けいただくのが良いと思います。

「ジェントルレーズプロ(ロングパルス・アレキサンドライトレーザー)」は、厚生労働省が2017年に正式に認可し、国内初の薬事承認を与えた医療用レーザー脱毛器です。高い安全性と信頼性を兼ね備えた機種ですので、「お手入れ不要の持続性」についても妥当な結果が期待できます。

脱毛施術のご相談は「無料カウンセリング」で♪

当院は全ての患者さまに初回「無料カウンセリング」を実施しています。これはご契約いただいた後のものという意味ではなく、「ムダ毛などの美容のお悩み」をいつでも気軽にご相談いただけるものです。

当院のスタッフが責任をもって「レーザー脱毛施術のメカニズム」、「施術上のリスクや注意事項」、「最適な施術プラン」などをご紹介いたしますので、ご興味がある方はお気軽にご予約をお取りください。皆さまのお越しをお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム