• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

医療脱毛

【保存版】脱毛施術の大前提と契約時に意識したい6つの事柄

渋谷の安い医療脱毛

脱毛施術で満足いく結果を得るためには、施術機関を選ぶ際に「忘れてはならない大前提」と「意識しておくべきポイント」が存在します。ぜひこちらの記事を参考に「後悔しない脱毛施術」をお選びいただき、女性としてワンランク上の魅力あるお肌を手にしてください。。


脱毛施術の大前提

「どこで脱毛するか」は、脱毛効果を軸に据えて選択

雑誌広告をそのまま信用すると失敗するケースがあります…

雑誌などで「ムダ毛処理」などの特集が組まれていると、「私も脱毛施術を受けてみよう!」と考える女性が増えます。「美」を意識することは女性にとってとても自然なことですが、「私も脱毛施術を受けてみよう!」と思った瞬間に、既に脱毛施術を受ける場所がある程度誘導されている場合も少なくありません。

特に脱毛施術を受けたことのない女性はほとんど専門的な知識がありませんので、雑誌のランキングや広告などで強調される「一回の施術の安さ」や「痛みを感じない施術法」などを目の当たりにすると、本来的な「脱毛効果」という優先順位がいつの間にか下の方へと追いやられてしまいます。

持続的に続く効果の高い脱毛を実現できるのは医療脱毛のみ

雑誌などでもよく紹介される「エステ脱毛」は、単発施術費用が安くなっているため、初めて脱毛施術を受ける方にとっては非常に魅力的に映ります。ところが、施術効果としては「終わりのない除毛施術」に限りなく近いものとなりますので、いつまでも細かく費用負担が続き、どこまで行っても満足のいく結果にたどり着けないということがよく起こります。

医療脱毛では、医学的見地にもとづいた医療用レーザー脱毛器を使用し、毛根組織を破壊できるだけの出力の高いレーザーを照射させることができますので、「お手入れの必要を感じさせない状態」というゴールに向かって確実な施術を積み重ねていくことができます。「脱毛施術を受けてみよう!」と思った女性が目指している目的地は、ほとんどの場合この状態に違いないはずですので、安易な「エステ脱毛」という選択肢は避けるようにすることをオススメします。


安全が確保された施術を選択すること

クリニックの脱毛施術(医師の常駐)

当院のような医療機関(クリニック)では、医療従事者(医師や看護師)の手によって脱毛施術が行なわれます。これは医学的な裏付けのある毛根組織の破壊施術ですので、効果を得るだけの高いレーザー出力とそれに伴うリスクも存在しています。このため医療脱毛を実施しているクリニックなどには、必ず医師が常駐していて緊急時にも適切な医療処置が施せるようになっています。

エステサロンの脱毛施術(医師の不在)

エステサロンのようなお手軽な脱毛施術では、脱毛機器の取り扱い研修を終えたエステティシャンの手によって脱毛施術が実施されます。元々毛の生成組織「毛母細胞」を破壊できるレベルに出力を高めることは禁止されていますが、売り上げ目標と法的規制のギリギリのところで出力調整がなされることも少なくなく、施術を受けた側で健康被害を生じるケースが数多く報告されています。

致命的なのは、施術中に何か予期せぬ事態が起こった際に、医療従事者でないエステティシャンでは緊急処置が行なえないという点です。 「エステ脱毛」にはこのように脱毛効果と安全性という2つの側面から大きなリスクが存在していますので、脱毛施術を受けてみたいと思った際には、必ず信頼できる医療機関を選択するようにしてください。


医療脱毛で契約する時に意識すべき6つの事柄

「医療機関で脱毛施術を受けよう!」とお決めになった際にも、どのクリニックでも等しく満足できる結果を得られるとは限りません。各医療機関によって料金体系や施術条件、導入機器などが異なりますので、満足度を高めるためには医療機関で契約する際に意識しておくべくポイントが存在します。次の6つの事柄に注意していただき、満足のいく施術を実現してください。

(1)料金体系の把握と脱毛希望部位の明確化

脱毛施術を医療機関に委ねる際には、まずご自身の希望している脱毛範囲がどこまでなのかを強く意識してください。ただお試しの脱毛施術で良いのか、初めから広範囲の部位で永久脱毛を希望しているのかによって、契約すべきプランも大きく異なってきます。

1回よりも5回セットで回数あたり25%程度割安に!

ひとつの例として、当院の脱毛人気部位とその料金表を案内させていただきます。特定部位で考えるのであれば、主に5回をセットとしたプランでご契約いただくことで、1回の施術料金と比較した場合、回数当たり概ね25%程度の割安料金で施術をお受けいただけます。


当院の人気部位の料金体系(一部抜粋)

部位 1回 5回 6回以降
ワキ 両ワキ ¥7,500 ¥27,500 ¥5,500
ひざ下 ¥30,000 ¥112,500 ¥22,500
ひざ頭 ¥7,500 ¥27,500 ¥5,500
太もも(両面) ¥36,000 ¥150,000 ¥30,000
太もも(表面) ¥21,600 ¥81,000 ¥16,200
太もも(裏面) ¥21,600 ¥81,000 ¥16,200

※上記は、税別の料金体系となっています。
その他の部位については、こちらの料金案内のページで詳しくご確認いただけます。

広範囲のムダ毛が気になるなら「全身脱毛」がオススメ

特定部位だけでなく広範囲の脱毛施術を希望している場合は、当初より「全身脱毛」を選んだ方がお得になります。脱毛施術を受ける方の9割程度の方が「ワキの脱毛」を外さないという傾向がありますが、それだけで良いのかどうか、他にも複数の部位を任せたいと考えているのかどうかを事前にイメージしておくことが大切です。

上記の「人気部位の料金体系」と次に挙げる当院の「年間パスを利用した全身脱毛プラン」を比較してみてください。いくつかの異なった部位をご選択にある場合、初めから「全身脱毛」をお選びいただく方が断然割安となることが分かります。


当院の年間パスを利用した全身脱毛の料金体系(一部抜粋)

部位 料金(税別)
全身(VIO除く) ¥189,000
全身(VIO含む) ¥238,000
全身(VIO除く) +顔 ¥238,000
全身(VIO含む)+顔 ¥268,000

※こちらの全身脱毛は、年間パスを利用したもので平日のみ12カ月間利用可能なプランです。 土日も可能とするものは料金体系が異なり、学生の場合はこれよりも割安の料金体系をご選択いただけます。詳しくは、こちらのページの「ジュエル年間パスポート」の項をご確認ください。

ちなみに、全身脱毛を選んだ場合でも施術したくない場所を施術する必要はございません。患者さまの希望の施術部位で予約できるという形になりますので、ご希望のムダ毛処理が広範囲に及ぶ場合、まず「全身脱毛」をお選びいただき医師や看護師のアドバイスを受けながら全体のスケジュールを立てていくと良いでしょう。

キャンペーン料金や割安プランをうまく活用

「脱毛効果がまだわからないので初めからまとまった契約はちょっと…」という声もよく耳にします。「お試し脱毛」というご希望は多くの患者さまの中に見られるものとなっており、当院でもこのようなご希望に応えられるものをご用意しております。

「ジュエルの先割ワキ脱毛キャンペーン(税抜1,980円)」は、最も人気の高い部位「ワキ脱毛」で18ヶ月の間に最大9回まで施術可能な破格プランになっております。「効果面が心配で最初からまとまった契約は避けたい」という方は、当院の場合こちらをご利用になった後に次の部位や全身脱毛のコースに移っていただくことがスムーズな流れとなります。

施術部位の範囲や回数、施術可能な期間などは各医療機関によって異なります

ご紹介させていただきました料金体系や施術部位の切り分けは、あくまでも当院「ジュエルクリニック恵比寿」固有のものとなっています。一般的に全身脱毛のコースでは、医療機関の場合VIOを除くもので20万円程度の料金が一つの目安と言えますが、この際も施術可能な期間が12ヶ月までと定められていたり、「〇ヶ月の内に何回までの施術」のような諸条件がある場合もあります。必ずご希望の医療機関にて事前に条件面を確認するようにすることが大切です。


(2)施術回数の目安や施術スケジュールのイメージを確立

「お手入れの必要を感じさせない状態」はどれくらいの期間を要するのか?

各患者さまの毛の濃さや毛の太さ、また部位によっても効果の現れ方は異なってきますが、一般的には同部位に対して約2・3ヶ月のスパンで5回~6回程度のレーザー照射を行なっていただければ、ある程度「お手入れの必要を感じさせない状態」を目指していただけます。これを医療脱毛の基礎知識としていただき、たとえば全身脱毛をするのであればどのような施術スケジュールが想定されるのかを初回の無料カウンセリングの際に相談すると良いでしょう。

予約がスムーズに行なえる状態なのかを確認

正式契約する前にある程度長期的なスケジュールをイメージできるようにしておき、予約がスムーズに取れるのか、そのためにはどれくらい前に予約の連絡が必要なのかの目安を確認しておくことが大切です。特に期間が限定されている「半年パス」や「年間パス」を利用する場合には、予約が取れなければ最も必要とされるタイミングに必要な施術が受けられなくなり、最大メリットを得にくくなるということが考えられます。

カウンセリングの担当者から予約のあり方や状況について詳しい説明がなされない場合には、自分から確認しにいくようにし、必要な施術を必要なタイミングで正しく確保できるクリニックであるのかをチェックするようにしましょう。


(3)脱毛機器の種類と数を事前に確認

複数のレーザー脱毛器を導入している施設が理想

医療用レーザー脱毛器にはいくつかの種類があり、その機種によってレーザーの反応傾向や皮膚の深達度合いなども異なってきます。部位によって毛の太さや毛根の深さにも違いが見られ、人によっても肌の色・毛質・毛量に差があります。 このため、一つのレーザー脱毛器しか導入できていない医療機関では、必然的に効果を得にくい施術を行なわざるを得ないケースも想定されます。これを避けるためにも、無料カウンセリングの際には、必ずその医療機関の導入機器の種類と数について確認するようにしてください。

特にお肌の色が黒い傾向にある人は注意が必要

お肌の色が元々黒い傾向にある人や日焼けでかなり黒さが定着しているような場合には、メラニン色素に強く反応するレーザーは照射できないケースが考えられます。このため、一つのレーザー脱毛器しか導入していない医療施設では、そもそも医療脱毛を受けること自体が難しくなってしまうことも考えられます。

当院は二機種の医療用レーザー脱毛器を導入済み

当院に関しましては、メラニン色素に効果的に反応する「アレキサンドライトレーザー」という医療用レーザー脱毛器のほか、「YAGレーザー」という皮膚への深達度が深くメラニンへの反応が比較的緩やかな機種も導入しています。 これにより患者さまの肌質やご希望の施術部位などによって機種を使い分けることも可能となります。

一つの機種が必ずしも全患者さまに効果的にフィットするわけではございませんので、医療従事者(医師や看護師)の判断によってうまく調整できるように、複数機器を導入しているクリニックをお選びいただくことを強くオススメします。 医療用レーザー脱毛器の違いについては、こちらのコラム「「効果的なレーザー脱毛器」の見極めポイント」で知識を深めていただくことができます。


(4)施術前・施術中・施術後のポイントの整理

施術前のポイント

日焼けを避けること

医療脱毛で利用する主要なレーザー脱毛器には、黒いメラニン色素に強く反応する傾向が備わっています。このため、事前に計画できる場合については、1ヶ月くらい前からUVケアを強く意識しましょう。また、施術の1週間前くらいからは極力日焼けしてしまわないように配慮し、お肌がレーザー照射を受けられる状態に整えておくことが大切です。

施術前日のムダ毛のカット

施術の際は、ムダ毛がカットされた状態の皮膚にレーザー照射を行なっていきます。このため、施術の前日には予めシェービングするような説明を受けるのが一般的です。当日、クリニックの中でこの処置ができないわけではありませんが、全く事前準備をせずにクリニックに委ねてしまうと、必然的にレーザー照射する施術時間が短くなってしまいます。背中などの自己処理が難しい場合を除いては、担当者の説明に沿う形でできる範囲の事前準備をしておくようにしましょう。

施術そのものについてのポイント

痛みへの対処と相談

医療脱毛は、エステ脱毛のようなほとんど痛みを生じない施術とは少し異なります。一般的にゴムで弾かれたような痛みを生じ、皮膚が薄い部位や皮膚と骨とが近い箇所については、ある程度強い痛みを感じることもあります。レーザー医療脱毛器には、レーザー照射時に冷却ガスが噴射される機能が備わっているため、ある程度皮膚感覚を麻痺させた施術が行なわれます。

それでも、痛みに敏感な方であれば我慢しづらいといったケースも考えられます。医療機関であるクリニックには、表面麻酔という施術でこのような痛みへの対処を行なうこともできますので、自分は痛みに敏感な方だとお感じの場合、その旨を担当者に伝えておき、施術当日に臨機応変に対応してもらえるようにしておくと良いでしょう。

施術後のお肌のケア

入浴時はシャワー程度に留める(施術当日から3日程度)

脱毛施術を実施した当日は、お肌が軽いヤケドを負ったような状態になっています。元々デリケートなお肌がいつも以上に敏感な状態になっていますので、入浴の際は湯船につかるのは避け、軽くシャワーを浴びる程度に留めておきましょう。また身体を洗うときは皮膚をゴシゴシとこするのは避け、優しく手洗いをするようにしてください。

日焼け回避と保湿ケア

脱毛施術を実施した当日は、お肌が軽いヤケドを負ったような状態になっています。元々デリケートなお肌がいつも以上に敏感な状態になっていますので、入浴の際は湯船につかるのは避け、軽くシャワーを浴びる程度に留めておきましょう。また身体を洗うときは皮膚をゴシゴシとこするのは避け、優しく手洗いをするようにしてください。


(5)医療脱毛もパーフェクトでないことを理解して契約してください

ヤケドの可能性

医療脱毛では、レーザーを照射して毛のメラニン色素にその熱を吸収させ、毛根組織を破壊するというプロセスを経ます。熱エネルギーで毛根奥の毛母細胞を破壊するため、施術後は軽いヤケドのような状態になるのが通常です。 処置後にほとんど跡もなくなり赤みなど残らないのが本来ですが、医療脱毛では完全にヤケドのリスクを排除できるものではありません。術後数日を経ても皮膚の一部が赤くなったまま異常を感じるような場合は、必ずその施術を行なった医療機関に連絡するようにしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)の発生リスク

毛嚢炎とは、毛穴に細菌が入り込んでしまい白ニキビのような状態になるものです。特にカミソリで自己処理して肌を細かく傷づけてしまった場合や、毛抜きなどで毛を無理に引き抜き、毛穴が広がっている状態が続いた際に起こりやすい症状です。 医療脱毛では、施術後に不自然に毛穴が広がって菌が入りやすくなってしまうようなことはありませんが、毛が抜けることで毛穴のバリア機能が一時的に弱まってしまうため、毛嚢炎が起こる可能性も完全には否定できません。通常は1~2週間程度で自然に収まりますが、異常を感じた際は施術を受けた医療機関に相談するようにしましょう。

硬毛化リスクも完全排除できない

硬毛化(こうもうか)とは、脱毛施術によって毛根組織が活性化され、かえって術後にその毛が太くなってしまう症状です。医療脱毛では、基本的に毛根組織の破壊を狙える強力な出力でレーザー照射を行ないますので、照射したレーザー光が毛のメラニン色素に正しく吸収されればこのような硬毛化現象は生じません。

ところが、うなじ・背中・フェイスライン・上腕などの産毛が中心となる部位では、メラニン色素をあまり含まない薄い毛が生え揃っているという傾向がありますので、同じ出力でレーザー照射をしてもうまくレーザー光を産毛に吸収させることができず、かえって不自然に毛根組織を活性化させてしまう可能性があります。 対応方法としては、メラニンへの吸収性の高い「アレキサンドライトレーザー」を使用するのではなく、産毛が多い箇所については、メラニン色素への吸収率が低く、皮膚の奥に届きやすい性質を有した「YAGレーザー」で処置することが考えられます。

当院では、先にもご案内させていただきましたように、「アレキサンドライトレーザー」のほかに、「YAGレーザー」を導入しているため、このような柔軟な対応を取ることが可能ですが、それでも産毛としっかりとしたムダ毛が混在しているような箇所もありますので、一定程度硬毛化リスクがあることを理解した上で施術を受けることが大切です。


(6)料金の支払い方法の柔軟性についての確認

クレジットカード払いや分割払い(医療ローン)などの把握

お支払については、各種クレジットカード払いに対応しているのかという点や、希望により医療ローンなどでの分割払いにも対応できるのかについて確認しておくことが大切です。もちろん、お支払いただける状態で施術をお受けいただくことが基本ではございますが、施術を進めていくに当たり、別のプランへ移行したくなるようなケースも想定されます。

一番効果の高いタイミングで脱毛施術を受けられないといった事態を避けるためにも、予め支払方法が柔軟な医療機関で契約しておく方が安心です。当院は、各種クレジットカード払いや医療ローンを使った分割払いにも対応していますので、逃したくないタイミングでお支払いが厳しい場合などにも柔軟に対応することができます。


渋谷(恵比寿)近郊で「後悔しない脱毛施術」をご希望の方へ

当院は、渋谷区において美容皮膚科という診療科目で数多くの患者さまを受け入れている信頼高い医療機関です。これまで多数の患者さまから「初めから医療脱毛を選択できていれば…」といった声を多くいただく中で、このコラムの作成に至った次第です。 渋谷区という性質柄、数多くのエステサロンが存在しますが、本来的に効果の高い脱毛施術を実施できるのは、毛根組織の破壊を狙える医療脱毛のみです。

JR恵比寿より徒歩1分の立地条件となっているため、渋谷のみならず首都圏からアクセスしやすい環境が整っています。 脱毛施術にご興味をお持ちの方、これまでエステ脱毛でムダに費用を支払ってしまった方、ぜひとも効果の高い医療脱毛をご検討ください。無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽にご相談いただけます。

予約・問い合わせフォーム