• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

顔の医療脱毛のメリットとデメリット

医師監修について:当院ウェブサイト(ホームページ)コンテンツは当院の美容皮膚科医、日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、アラガン・ジャパン社ボトックス注入指導医など様々な分野の専門医師による監修のもと運営しております。

顔の医療脱毛

医療脱毛でお顔の脱毛施術をお受けいただくと、実に様々なメリットをご実感いただけます。一方、デメリットやリスクもございます。対処法も併せてご紹介していますので、ぜひ当コラムをご覧いただき、顔脱毛の知識を深めてみてください。


顔脱毛の6つのメリット

1. 化粧のりがアップ

顔の医療脱毛施術をお受けいただくと、多くの患者さまが「化粧のり」が良くなったとお感じになります。これは普段肉眼ではあまり見えていないお顔の「うぶ毛」がファンデーションの伸びにどれほど影響を与えているのかを実感させるものと言えます。

医療脱毛でお顔全体の毛をしっかりと取り除いていけば、邪魔者がいなくなったお肌はファンデーションをのびやかに吸収することができます。この結果として、化粧のりが良くなるという効果をご実感いただけるということになります。

2. 化粧崩れのリスクがダウン

顔脱毛は、化粧のりだけではなく「化粧崩れ」を抑える効果もあります。これは化粧とお肌との密着性の関係上言えることです。うぶ毛に絡まらず高密度でお肌に密着できれば、その化粧は脱毛施術前よりも高い耐久性を備えることができるというわけです。

以前までは、夕方以降に化粧崩れが気になっていた女性であっても、お顔の医療脱毛をひと通り終えた後は、化粧の長持ちをご実感いただきやすくなります。

3. 毛穴が目立たなくなる

お顔の毛を自己処理する場合、多くはカミソリや電気シェーバーでの剃毛処理になると思います。これはお肌の中に毛を残存させているということになりますので、その毛穴はしっかりとそこに存在感を示し続けます。医療用レーザーで脱毛施術をお受けいただきますと、毛が毛根からするりと自然に抜け落ちていきますので、無理に引き抜いた場合にあるような「毛穴の広がり」も生じません。

また照射したレーザーは、毛穴全体に広がる熱エネルギーを通して一定程度お肌のターンオーバーを促進する効果もございます。 毛穴に毛が残っていない状態でお肌のターンオーバーが促進されていきますので、毛穴がきゅっと引き締まったような感覚をお持ちいただけます。

4. お肌が明るくキレイになる

毛穴に毛のない状態は、お肌に透明感をもたらします。脱毛施術で毛のない状態が仕上がった際には、お肌の色味が1トーン明るくなると言われています。厳密なところで言うとお肌の色自体に変化は起こりませんが、毛穴に毛のない状態がもたらす「透明感」はお肌をより美しく印象付ける作用がありますので、間接的にお顔全体を明るくさせる効果に期待できます。

5. 肌トラブルを生じにくくなる

身体の各部位に生えている毛は、お肌のバリア機能という側面がある一方で、皮脂や汚れを絡めて溜め込んでしまうというマイナス要素もあります。ニキビや肌トラブルは、このような汚れが細菌感染して起こっていることが多いため、お顔の毛がなくなることでお肌を清潔に保ちやすい環境が整います。

もちろん、肌トラブルの原因の全てが「そこにある毛」を発端として発生するわけではございません。それでも、皮膚表面に存在している体毛は肌トラブルにも間接的な影響を与えているため、脱毛施術を受ける前後で考えた場合、以前よりも該当部位で肌トラブルを生じにくくなるのが一般的です。

6. 自己処理する必要がなくなる

医療脱毛は100%完全な永久脱毛を保証できるものではございませんが、非常に高い脱毛効果があることから、「持続的に自己処理の必要を感じさせない状態」を目指していただけます。通常は1年~1年半程度の期間に5回~6回程度の脱毛施術をお受けいただくことで、お手入れからの解放が期待できます(施術部位による違いや、毛量・毛質などの個人差もあります)。

これまで「鼻の下のうぶ毛」など細かな部分で日課のように行なっていた自己処理が、施術を重ねるごとに徐々に必要なくなっていきますので、面倒なお手入れの煩わしさから解放されます。


顔脱毛の4つのデメリット(リスク)と対策

顔の脱毛

1. 紫外線のダメージ

お顔に元々あったうぶ毛がなくなるということは、お肌を薄く覆っていたバリア機能が削がれるということになります。汚れなどが貯まりにくい反面、そこにあったバリア機能がなくなってしまいますので、お肌は紫外線に対して弱くなってしまいます。

対策:紫外線対策を以前よりも入念に

対策としましては、これまで以上に紫外線対策を入念にしていただくということになります。UV対策や日傘を使うのはもちろんのこと、日中必要がない時にはむやみに出歩かないようにするなどの心配りが大切になります。

2. 硬毛化(こうもうか)・増毛化(ぞうもうか)の可能性

硬毛化とは、元々あった毛が太くしっかりとした毛になって再生されてしまうことです。増毛化とは、脱毛前よりも毛が濃くなることを指します。なぜこのようなことが起こるのかと言うと、顔に生えている毛は女性の場合ほとんどすべてが「うぶ毛」だからです。

うぶ毛は、他の部位に生えるような黒い毛とは異なりメラニン色素の含有率が低くなっています。レーザー脱毛のメカニズムでは、毛が含有しているメラニン色素にレーザー光を吸収させ、その熱エネルギーで毛根組織を破壊するというプロセスを辿ります。つまり、どれだけ効果的にメラニン色素に吸収される光(レーザー光)を集めても、元々メラニン色素があまり含まれていないうぶ毛に対しては熱エネルギーを届けにくいという弱さがあるのです。

このような事情があるため、毛根組織を破壊できるだけの熱エネルギーが十分に伝わらず、正しく脱毛効果を得られないばかりか、かえって毛根組織を活性化させて毛が太く再生されてしまったり、毛が濃くなってしまうという逆転現象が起こるのです。

予防方法:残念ながら完全な回避は困難

硬毛化や増毛化については、残念ながら「予防」という意味では対策の立てようがございません。もちろん、適切な技術を有した有資格者(医師もしくは看護師)が施術に当たり、照射レベルや角度、またレーザー脱毛器の種類を最適なもので調整させていただきます。それでも「うぶ毛」を中心とした「お顔の脱毛施術」においては、やはり「硬毛化」や「増毛化」のリスクは100%回避するのは困難だという実情がございます。

事後対策:硬毛化や増毛化が生じた際は「再照射」で対処

脱毛施術をお受けいただく際の最終的なゴールは、「お手入れの必要を感じさせない状態」に辿り着くことです。この意味では仮に「硬毛化」や「増毛化」が生じた際も、その部位に再度レーザー照射を行なっていくという手段が考えられます。

硬毛化によって毛がしっかりと太く再生された場合には、毛のメラニン色素の含有率が上がっているという点がポイントになります。つまり、前回と同様の施術を実施しても、硬毛化や増毛化の後には相対的に脱毛効果を得やすくなるという違いがあるのです。

ただし、これも1回の施術で即座にうぶ毛が黒くしっかりとした毛になることは考えにくいことから、長期的な施術が必要となる可能性があることを予め意識していただく必要がございます。この点をクリアできるのであれば、最終的にきっちりとうぶ毛のない状態を目指していただくことは、敵わない願いではございません。

3. 毛嚢炎(もうのうえん)というリスク

毛嚢炎(もうのうえん)とは、皮膚表面にできた細かな傷を通してブドウ球菌が感染したり、皮膚のバリア機能が低下している際に菌が感染して小さな膿を作ってしまうものです。白ニキビのように見える症状として知られています。

カミソリでお肌を傷つけた場合以外にも、毛穴を無理に広げて毛を引き抜いてしまった場合に広がった毛穴から菌が感染するケースもあります。また、レーザー脱毛による施術でも皮膚のバリア機能が一時的に弱まってしまいますので、このタイミングで菌が感染して毛嚢炎を生じる場合があります。

対策:毛嚢炎は通常1~2週間で自然に完治します

毛嚢炎は特別な治療を必要とするものではありません。一時的な症状ですので、通常は1~2週間程度で自然に治まっていきます。毛嚢炎については、施術の度にできてしまう人や一度も毛嚢炎にならない人など様々です。元々お肌が弱い人が生じやすい傾向がございますので、該当する場合は術後あまり人に会う予定のないタイミングで予約を入れていただくなど、うまくスケジュール調整していただければと存じます。

4. 施術での一定程度の痛み

お顔に生えている毛は、女性の場合ほとんどが「うぶ毛」です。「うぶ毛」がレーザー光に吸収されにくいというデメリットは既にお伝えしましたが、これは同時に「施術の痛みもそれに比例して緩やかになる」という消極的な副産物を生みだします。つまり、うぶ毛へのレーザー照射では、一般的に痛みが生じにくいという特徴があります。とは言え、額など皮膚が薄く骨に近い部分については、ある程度の強い痛みを感じる場合もございます。また、うぶ毛の濃さによってもレーザー光が伝わる熱エネルギーの量は変化しますので、人によってはチクチクと小さな痛みを感じるというケースも考えられます。

対策:痛みは冷却ガスで鈍化

医療用レーザー脱毛器には、レーザーを照射するタイミングで冷却ガスが自動的に噴射されるという機能が備わっています。この冷却ガスを受けて皮膚は痛みを感じにくい状態へと変化しますので、お顔の脱毛施術の最中に我慢できないような「強い痛み」を感じるようなことはあまり考えられません。もしもの際も医療機関としては「表面麻酔」を皮膚に塗り込むことが可能ですので、痛みが強く出ている際には、無理に我慢せずに施術担当者に遠慮なくお申し付けください。


ムダ毛のないつるつるのお顔をお求めの方へ

渋谷の顔の医療脱毛ならジュエルクリニック

医療脱毛施術は、非常に高い脱毛効果が期待できます!

お手軽でお気軽な「脱毛サロン」とは異なり、医療機関が行なっているレーザー脱毛器を用いた脱毛施術は、非常に高い脱毛効果が期待できる医療行為です。お顔にムダ毛のない状態をお作りいただければ、ご紹介したようなメリットをご実感いただけることが期待され、女性としても大きな自信を手にしていただけます。お顔はいつも人目を意識せざるを得ない部位ですので、ワンランク上の女性を医療脱毛によって実現してみてはいかがでしょうか。

当院はJR恵比寿駅より徒歩1分の立地です

当院は、渋谷区近郊にお住まいの女性だけでなく、首都圏より数多くの患者さまにお越しいただいております。これは「完全予約制」で施術スケジュールを管理していることに加え、立地条件が「JR恵比寿駅から徒歩1分」という環境を備えていることとも関係があります。また「年中無休で11時~20時」まで診療しておりますので、学校帰りや会社帰りにもご利用しやすくなっています。

まずは「無料カウンセリング」にお越しください

ジュエルクリニック恵比寿では、初回は全ての患者さまに「無料カウンセリング」を実施させていただいております。各患者さまの個々のムダ毛の悩みや肌トラブルのご相談を承り、医療脱毛のメカニズムについてもわかりやすく丁寧に案内させていただきます。

予約・問い合わせフォーム

当院の全身脱毛、パーフェクトボディーを目指して

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛部位により痛みを感じやすい箇所や、患者さまそれぞれの肌質や毛量によって、どのようにレーザーを照射させていくべきかは異なってきます。

それぞれに適切な照射レベル、照射角度、脱毛スケジュールをご提案させていただき、患者さまにとって、身体的なご負担やストレスを感じにくいものをご提案させていただきます。もちろん、脱毛効果の部分では妥協しないことが前提となりますので、どうぞご安心してお任せください。


肌質や部位により適切な機種を使い分けます

肌質や部位により適切な機種を使い分けます当院では、部位や肌質、お肌の状態などに合わせて複数の医療レーザー機でオールマイティーに対応できる環境を確保しています。

患者さまの肌質や元々の肌色、その時の日焼けの状態なども総合的に加味し、「アレキサンドライトレーザー」や「YAGレーザー」といった機器を使い分け、痛みと効果のバランスの中で最良の選択をしながら全身脱毛を実現させていきます。

疑問点や不安材料などがございましたら、適宜ご相談ください。


「全身脱毛」はこのような方に最適です!

「もう自己処理の日々から解放されたい…」

ムダ毛の自己処理にある程度慣れている場合でも、やはりそれに要している日々の時間はかなりのものになります。医療脱毛レーザーで全身脱毛を実現させてしまえば、ワキや腕、脚など各部位において自己処理に要していた時間を全て自分の時間として有効活用することができます。

お手入れの時間が物理的になくなるばかりでなく、精神的なストレスも大幅に軽減されることから、日々をより軽やかに歩むことが可能になります。

「自己処理からの肌荒れを何とかしたい…」

ムダ毛の自己処理後に誰もが一度は経験するのが、「肌荒れ」「赤み」「痒み」などの肌トラブルです。お肌に細かなトラブルを生じながら自己処理を続けている方も多いですが、慢性的な肌荒れは女性としての自信の喪失にもつながってしまいます。

医療機関で安全かつ適切に脱毛処理を施すことで、このようなトラブルを最小限度に抑えながら、スベスベでツルツルのお肌に限りなく近づけていくことが可能となります。

「もともと毛深くて、スカートとかもなかなか選択できない…」

遺伝的な側面があるものの、毛深く生まれた場合、女性としてはプラスの評価を受けにくいのが現状です。美容医療の観点からも、全身脱毛を選択することで、それ以前より明るく前向きになれるというメンタル面での効果も期待できます。

「医療脱毛」を女性としての新しいステージへのきっかけとしてご選択いただければ幸いです。