• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

家庭用脱毛器って何?医療脱毛との違いとは??

家庭用脱毛器(光脱毛)の効果

ご自宅でお手軽に脱毛ができるとあって人気の「家庭用脱毛器」、果たしてこの効果のほどはどうなのでしょうか?一般的な家電と比較してもそこそこの値段が設定されている「家庭用脱毛器」の性能を適切に整理し、家庭用脱毛器でもご満足いただけるのがどのようなケースなのかをご案内いたします。また、医療脱毛との決定的な違いについてもご紹介いたします。


家庭用脱毛器の2種類

家庭用脱毛器は、大きく分けて2種類のものがあります。まずこの種類について理解し、それぞれの機能や特徴を正しく捉えておきましょう。

1.家庭用フラッシュ脱毛器(光脱毛器)のポイント

ちょうどエステサロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)の小型版だとお考えください。比較的広範囲に光を照射することが可能なものが多く、手早く処理できるという点で効果的です。また、痛みが少ないというのもエステ脱毛と同様の特徴となっています。

痛みがない=脱毛効果はかなり低い

「痛みがない」ということは、脱毛効果が低いということですので、期待できるのはあくまでも「減毛や抑毛程度のもの」と捉えておかなければなりません。webページ上では効果があったとされる口コミも散在していますが、その多くは機器を売るための広告戦略である点を意識しておきたいものです。

カートリッジの追加購入が前提

家庭用のフラッシュ脱毛器は、一般的に「カートリッジ式」となっているため、本体を購入した後も定期的にカートリッジを追加購入し続けなければなりません。このため、低い脱毛効果の割に費用面ではそこそこ負担の大きなお買い物となってしまいます。

「痛みなくスピーディーに自己処理できる」として人気を集めていますが、あくまでもカミソリを使うよりは優しくスマートな処理方法であるというレベルで捉え、過度な期待を寄せてしまわないようにしたいものです。

2.家庭用レーザー脱毛器のポイント

医療機関で使用されている「医療用レーザー脱毛器」の超小型版だとお考えください。照射されるレーザーの出力が一般人でも取り扱える安全なレベルに制限されています。

痛みが伴うことが最大のネック

レーザー光を照射する美容機器であるため、出力自体が低く抑えられているものの、そこそこ大きな痛みを伴います。これは当院に導入されているような「医療用レーザー脱毛器」とは異なり、冷却ガスなどの痛み緩和機能が備わっていないため、避けて通れない仕様だと言えるでしょう。

自己処理をする際に、毎回痛みを伴う処置を自ら行なう必要があるため、あまり快適に使用し続けられない点がこの機器の最大のネックです。アイスパックを自ら押し当てて、皮膚が鈍感になってからレーザーを照射するといった手間を加えても、やはりそれなりにチクッと痛むようです。

レーザー照射範囲が狭いため、脱毛に時間がかかる

一般人の使用を見据えて安全性を期すため、レーザー照射範囲がかなり狭く設定されています。このため「痛いだけでなく、なかなか広範囲に脱毛できない」という点が二つ目の大きなデメリットとなっています。

脱毛効果は「家庭用フラッシュ脱毛器」よりも少し強力

「家庭用フラッシュ脱毛器」と比較した場合、脱毛効果については多少なりとも期待が持てます。もっとも、前述のとおりレーザー出力が一般人の取り扱えるレベルに抑えられているため、持続的に毛を生えてこなくさせる「毛根組織の破壊」までは狙えません。このため、「痛いのなら効果があるはず…」と、過度な期待を寄せて購入することはオススメできません。

カートリッジ式ではないものの、バッテリー寿命がある

家庭用レーザー脱毛器に関しては、家庭用フラッシュ脱毛器のような「カートリッジ式」ではないため、度々カートリッジを追加購入するような必要性はございません。ただし、脱毛器自体にバッテリーが搭載されていて、こちらが数年程度で寿命を迎えることが指摘されています。

予め照射できる回数に限りがあり、継続的に使用し続けるためには、一定期間を経過した際にメーカーに直接修理を申し出る必要があります。この際の修理コストが数万円程度と言われていますので、家庭用フラッシュ脱毛器と同様、一度脱毛器を購入すればずっと使えるといったものではありません。


家庭用脱毛器で注意しておきたい3つのこと

1.万が一のトラブルも基本的に自己責任…

家庭用脱毛器は照射出力がかなり低く抑えられていますが、特にレーザー脱毛器の方に関しては、取り扱い方を間違えば簡単にヤケドや水ぶくれなどの皮膚トラブルをもたらしてしまいます。医療機関であれば、こういった場面でも医師や看護師の適切な処置が施されますが、ご家庭で自分で行なっている自己処理については、通常使用で深刻な後遺症が生じたようなケースを除き、基本的に全て自己責任となってしまいます。

皮膚のヤケドに関しては、そのヤケドの具合によっても数ヶ月以上引きずる可能性があります。安易な判断で皮膚トラブルが生じてしまった場合、副作用前の元の状態に戻すことは容易なことではありません。この点を強く意識して、取り扱いの慣れと共に「行き過ぎた使用」をしてしまわないように気を付ける必要があります。

2.そこそこ大きな出費であること

自分の好きな時に好きな場所で自己処理できる家庭用脱毛器は、オシャレを積極的に取り込みたい女性に根強い人気があります。それでも価格帯が3万円から8万円程度と、一般の家電と比較しても高額なものとなっており、また購入した後もカートリッジ等で少なからず追加費用が必要になります。

これらの費用を負担して持続的な脱毛効果が得られれば良いのですが、残念ながら家庭用脱毛器は「減毛もしくは抑毛効果」という域を脱することができません。多くの方は、このような家庭用脱毛器の「脱毛効果」と「費用負担」のバランスを冷静に捉え、初めから効果の高い脱毛施術についても比較検討なされます。

もし現段階で家庭用脱毛器をご検討されている方がおられましたら、ぜひ以下のページなどをご確認いただき、脱毛効果と費用対効果が共に優れている「医療脱毛」を検討材料に加えてみてください。

ジュエルクリニック恵比寿のキャンペーンページはこちら!

3.持続的な脱毛効果は得られない点

一般美容機器という点で市場での流通が許されるのは、安全面で問題ないと認定された商品のみです。このため、何度自己処理しても、どれだけ痛みを我慢しても、やはり家庭用脱毛器の脱毛効果には限界があります。「レーザー光線等の強力なエネルギーによる毛根組織の破壊行為は医療行為である」との見解が2001年に厚生労働省によって示されているように、持続的に毛の生えてこないレベルの施術を実施できるのは、美容皮膚科等の医療機関のみです。

広告などで誤った情報に踊らされてしまう前に、ぜひ一度当院の無料カウンセリングにお越しください。医療脱毛のメカニズム、リスク、脱毛効果、オススメの施術プランなどを各患者さまに合わせてご案内させていただきます。もちろん、エステサロンとは異なり、執拗な勧誘もございませんのでご安心いただけます。


家庭用脱毛器で注意しておきたい3つのこと

家庭用脱毛器は、「効果」や「使用範囲」が制限された一般向けの美容機器です。それでも次のような場面では、活躍できるケースもございます。家庭用脱毛器のご購入を検討されておられる方は、ぜひこれらの要素にご自身が当てはまるのかをご確認ください。

1.脱毛施術で自分のお肌を他人に見せることを避けたい場合

家庭用脱毛器の最大のメリットが、この「他人に見られずに脱毛できる」という点です。当院のような医療機関では、医師か看護師の有資格者が各患者さまの施術を担当させていただきますが、それでもやはり「他人に肌を見せて施術を受けるのは耐えられない」という方も中にはおられます。このような際には、「限られた脱毛効果」という前提の中で、家庭用脱毛器も一つの正しい選択肢になるケースがございます。

2.既に脱毛施術が完了していて、フォロー役として使用する場合

家庭用脱毛器を脱毛施術完了後のフォロー役として使用するという方法もございます。たとえば、医療機関等でしっかりとした脱毛効果を既に取り込んだ後、部分的な打ち漏らし等で少し気になる箇所が出てきたケースでは、ピンポイントのフォロー役として「割り切った使い方」もできます。お肌の全面でムダ毛がまばらに生えている状態ではないため、脱毛効果の低い家庭用脱毛器であっても、最低限度のお掃除係なら十分に担えます。

3.毛抜きやカミソリの代替手段としてピックアップする場合

毛抜きやカミソリでの自己処理は、肌トラブルを生みやすいものとして広く知られています。これまでそういった形で自己処理をされてこられた方が、「お肌に優しい自己処理」を求めて家庭用フラッシュ脱毛器をご選択になるのであれば、目的に沿った効果は期待できるかもしれません。ただし、再度繰り返しますが、家庭用脱毛器には「持続的な脱毛効果」までは期待できませんので、この点は過信しすぎないようにご注意ください。

4.脱毛効果を過信せず「自己処理のお供」としての選択

人によっては「自己処理する際にある程度の効果が得られれば良い」と考える方もおられます。つまり、もともと強い脱毛効果までは期待しておらず、専門機関での脱毛施術が選択肢にないようなケースです。たとえば、「オールシーズン自己処理しているのはワキのみで、脚や腕については露出の多い時期のみ頑張って自己処理する」といったケースでは、家庭用脱毛器でも十分にご満足いく結果が得られるかもしれません。当院としましては、「お手入れ不要の状態がいかに快適であるか」をご実感いただきたいと考えますが、そこまで求めておられない方につきましては、家庭用脱毛器も一つの正しい選択肢になり得ます。


正しい脱毛効果はジュエルの医療脱毛で♪

医療脱毛をご体験されたことのない患者さまの場合、医療脱毛は非常に高くて手が出ないというような先入観をお持ちの場合もございます。 お手軽なエステ脱毛などと比較した場合、確かに医療脱毛では脱毛効果の強さに比例した施術費用が求められます。

それでも当院は渋谷地域において手の届く範囲で医療脱毛をご提供しているという自負もございます。 たとえば、当院の「ジュエルの先割ワキ脱毛」というキャンペーンを使用すれば、わずか1,980円(税抜)で「ワキのお手入れの不要な状態」を目指していただけます。

最大9回までのワキ脱毛施術を18ヶ月の間でご体験いただけますので、ある程度しっかりとした効果が期待できます。 「家庭用脱毛器」は、一般家電と比較してもそこそこ高額なものですので、当院としましてはぜひこのような形で「残る脱毛効果」をご選択いただきたいと考えております。

ご興味をお持ちの場合は、ぜひお気軽に「無料カウンセリング」のご予約をお取りください。皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

予約・問い合わせフォーム