• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

痛み

医療脱毛の麻酔効果 表面麻酔(麻酔クリーム)や笑気ガスとは?

医療脱毛の麻酔

クリニックなどの医療機関では「麻酔処置」を施すことができます。麻酔にもいくつかの種類があり、脱毛の際に多く用いられるのが「表面麻酔」と呼ばれる麻酔処置です。このコラムではエステサロンでは実施できない「麻酔処置」の種類や効果についてまとめてご紹介いたします。


局所麻酔(表面麻酔)

医療脱毛で用いる麻酔方法は、その多くが局所麻酔と言われるものです。中でも塗り込むタイプの「表面麻酔」が多く使用され、これには「麻酔クリーム」と「麻酔テープ」の2種類があります。 効果の強さという面で「麻酔クリーム」が使用されるのが一般的で、当院でも痛みにご不安をお持ちの患者さまには「麻酔クリーム」を中心にご案内しています。

麻酔クリーム

表面麻酔麻酔クリームは、お肌の表面に塗り込むタイプの麻酔です。皮膚表面に浸透することで皮膚の感覚が鈍り、痛みを軽減させる効果が期待できます。 麻酔クリームによって麻痺効果が得られるのは、右画像の「表皮」を中心とした部分です。

毛根の根元はもう少し深い「真皮」と呼ばれる場所にあるため、100%の鎮痛作用までは期待できません(部位によっても異なります)。

効果を得るまでに30分程度の浸透時間が必要

表面麻酔は、皮膚に浸透させるもので効果を得るまでに30分程度の時間を要します。このため、事前に申し出てお早めにご来院いただき、施術前に塗布して待機いただく必要がございます。

全身脱毛のコースをお受けいただいている場合は、当日の施術部位によって使用の有無が異なるケースも考えられます。術後に次回の使用が判断できないケースでも、施術当日ではなくご予約の際などに申し出ていただくようにお願いいたします。

当院ではオプションとして提供

当院では、こちらの麻酔クリームはオプションとしてご利用いただく形になっており、別途料金で1回あたり1,080円(税込)をいただいております。表面麻酔の相場はおおよそ3,000円前後が一般的ですので、当院ではご利用しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

リドカイン(キシロカイン)の注意点

使用する表面麻酔のお薬の主成分は、リドカインと呼ばれるものです(キシロカインとも言います)。非常に汎用性の高いお薬ですが、リドカインに対してアレルギーのある患者さまにはご使用いただけません。 また、一度で塗布できる量も厳格に定められています。全身脱毛でご使用いただく際は、特に痛みの出やすい部位を選んで塗布するような形となりますので、予めご了承ください。詳しくは、看護師もしくは医師からご説明させていただきます。

麻酔テープ

麻酔テープは、麻酔クリームと同じ主成分「リドカイン」が付着したテープを使用するものです。お肌に貼っていただくことで薬剤が浸透し、麻酔クリームと同様の効果を生みます。 ただし、相対的に皮膚に浸透する薬剤の量が少なくなるため、麻酔クリームほどの鎮痛作用までは期待できません。

このため、医療脱毛においては「麻酔テープ」ではなく「麻酔クリーム」が多く使用されています。 麻酔テープはどちらかと言うと、一般の病院などで注射の際に刺さる痛みを緩和させる時に使用されるようなものとなっています。


精神鎮静法

局所麻酔が「部分的な感覚麻痺」を求める処置であることに対して、精神鎮静法は「心理面でのリラックス効果」を求める麻酔法だと言えます。歯科医院などでの治療に用いられることが多く、痛みを取り除く局所麻酔と併用するのが一般的です。リラックス効果が得られるため、施術に臨む恐怖心や不安を取り除くという点で効果的です。

笑気ガス(吸引式麻酔)

笑気ガスという「亜酸化窒素」を鼻から吸い込むことで、頭をぼんやりさせたり、ふわふわしたような感覚を取り込むことができます。お酒を飲んで気持ちよくなったときの状態をご想像いただければ、よりイメージしやすくなるかもしれません。 鎮静作用と同時に鎮痛作用もあるため、楽しい気分で痛みなく施術をお受けいただけるという効果が期待できます。

全身麻酔のように完全に意識を失うようなものではありませんが、眠気が生じるため人によっては眠ってしまうケースもあります。 当院では、笑気ガスを使った麻酔法は実施していませんが、施術に対する恐怖心が強い方には一つの選択肢になるかと思います。ただし、痛みの緩和という点だけ捉えれば、効果は麻酔クリームの方が強いというのが一般的な見解となっています。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、笑気ガスよりもさらに強い効果のある点滴タイプの麻酔法です。専門の麻酔科医が付き、生体情報をモニターで監視しながら細心の注意を払って実施するものです。 麻酔処置として全身麻酔に次いで大掛かりな処置となるため、「静脈内鎮静法」を脱毛施術に用いることはほとんどありません。

一部、男性のヒゲ脱毛などの場合に使用しているクリニックもありますが、一般的には歯科医院でのインプラント治療など大掛かりな外科処置で広く利用されています。

麻酔処置で快適な脱毛施術を♪

ご紹介させていただきました「麻酔処置」は、いずれのものもエステサロンでは実施できないものです。医療従事者が在籍しているクリニックだからこそ、強い脱毛効果に付随する「一定の痛み」に対しても「バランスの取れた施術」がご提供できます。

強い脱毛効果」と「痛みへの配慮」が医療脱毛の魅力

「キレイになりたければ我慢してくださいね」と簡単に言えるほど、痛みは気持ちで克服できるものではありません。また、痛みを感じにくいとされる「優しいエステ脱毛」では、しっかりとした「持続的な脱毛効果」が得られないことも広く理解され始めています 「強い脱毛効果」と「痛みへの配慮」、「もしもの時の緊急対応」などが医療機関で脱毛施術をお受けいただく際の大きな魅力です。

効果に比例して相応の費用負担は生じますが、エステサロンで「ムダ打ち」をするよりは正しい選択になるはずです。 確かな脱毛効果が得られなければ、そもそも脱毛施術をお受けいただく意味がございませんので、くれぐれも「優しい脱毛施術」というエステサロンの囁きにはご注意ください。 当院では医療脱毛におけるご不安点を、無料カウンセリングで解消していただけるというシステムを整えています。

場合により「テスト照射」をしていただくことも可能です。特に強引な勧誘などもございませんので、ご興味をお持ちの際はぜひお気軽にご活用いただければと思います。

参照)コラム「痛みに敏感な方必見】医療脱毛の痛みについてのQ&A」

予約・問い合わせフォーム