• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

【夏に向けての脱毛計画】脱毛前後の日焼けに要注意!

【夏に向けての脱毛計画】脱毛前後の日焼けに要注意!

夏に向けて脱毛計画を立てようと思い立った時、既に日焼けしているとどうなるのでしょうか?実は脱毛施術を受ける際には「日焼けNG」という鉄則があるのですが、初めてのケースではご存じない方も少なくありません。また術後の日焼けも一定期間見合わせていただくような配慮が必要です。

夏に向けて意識すべき「医療脱毛における日焼けの注意点」についてまとめてお伝えします。


脱毛前の注意点

レーザー脱毛をお受けいただく際には「日焼けはNG」という鉄則がございます。脱毛の前後どちらの場合にも言えることなのですが、まずは「脱毛前の日焼けの注意点」について解説いたします。

レーザー脱毛施術前に日焼けがダメな理由

各クリニックでは医療従事者が施術に携わっているため、日焼けしたお肌にレーザー脱毛施術を施すことは通常考えられません(日焼け肌でも問題ない特殊なレーザー脱毛器を使用するケースはあります)。 では、もしも日焼けしたお肌でレーザー脱毛施術を受けてしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか。

火傷リスクの増加

レーザー脱毛施術は、レーザー光がメラニン色素に選別的に反応するという性質を利用して行なわれます(選択的光熱融解理論)。日本人の毛は一般的に黒く多くのメラニン色素を含んでいるため、お肌にレーザー光を照射するとその範囲のムダ毛のみがレーザー光を効率的に吸収します。

これにより「安全な脱毛施術」が可能になっているというわけです。 日焼けをしてしまうと、お肌自体が多くのメラニン色素を含んでしまいます。この状態でレーザーを照射すると、お肌自体のメラニン色素がレーザー光を吸収してしまい、痛みが強く走ると共に火傷(やけど)を生じる可能性を高めてしまいます。

脱毛効果の低下

脱毛効果の低下 場合により「この程度の日焼けなら出力を下げて対処できなくない」と判断されるケースもあります。これは施術自体の可否という点では合格と言えなくもないですが、「出力を下げて調整する」ということは、脱毛効果が低くなってしまう可能性があることを意味します。

同じ料金のレーザー脱毛施術ですので、最大効果を見込める出力レベルが理想的なのは言うまでもありません。このようなことから、「安全性の確保」という意味に加え「適切な脱毛効果」という側面からも、施術前に日焼けをしてしまうようなことはお避けいただきたいということになります。

日焼けしたお肌が施術を断られる基準は?

「どの程度の日焼けお肌なら施術可能か?」については、医療従事者による目視判断が一般的です。「これくらいなら大丈夫だろう…」と患者さま側で判断をするのではなく、施術を受けると決意した際には日焼けを避けるという方向でご調整ください。

日焼け後どのくらい経過すれば施術が可能になるの?

脱毛施術前に日焼けを避けなければならないことはわかったけれど、初めて施術を受けるときは、それ以前に日焼け対策をしていなかったというケースも考えられますよね。 残念ながら「日焼け後に何日経てば脱毛施術が可能になる」といったことは一概には言えません。

これは患者さまお一人おひとりで皮膚のターンオーバーの周期が異なるためです。年齢や睡眠などの生活習慣によっても新陳代謝のサイクルは異なります。

概ね1ヶ月程度経過すれば施術が可能(あくまでも目安)

一つの目安としては、日焼け後1ヶ月程度で施術が可能になるとお伝えしております。ただし、人によっては2ヶ月程度の期間を要する場合もありますので、脱毛施術を受けようと思った際には、まず何よりも日焼けをしてしまわないように配慮することが大切です。

どのくらいの時間直射日光に当たるとダメなの?

1時間以上直射日光に当たることをお避けください。これも一つの目安に過ぎず、日差しに強いお肌、弱いお肌といったものもございます。直ぐにお肌が赤くなってしまうタイプの患者さまについては、この基準でも厳しいことが予想されます。外出の際は紫外線をカットできるようなUVケアで対策を立てていただければと思います。


脱毛後の注意点

ここからは、脱毛施術後の注意点として「術後のお肌の状態」やそれに伴う「保湿ケア・日焼け対策」などについてご紹介いたします。

レーザー脱毛術後に日焼けがダメな理由

脱毛施術を受けた後は、「お肌が軽い火傷を負った状態」だとお考えください。お肌が通常よりも乾燥していますので皮膚のバリア機能が低下しています。このため、紫外線に対する抵抗力が非常に弱くなっています。

シミや皮膚トラブルのリスクUP

術後、患者さま判断で直ぐに日焼けをしてしまいますと、シミなどの皮膚トラブルを生じる可能性が高くなってしまいます。できてしまったシミを取り除くのは、かなりの時間を要するケースもございますので、後で「しまった…」と思わないように術後のお肌は十分にいたわってあげてください。

脱毛施術を受けた後のケア方法

脱毛施術を受けた後は、保湿クリームで十分に水分を補ってあげてください。また当日入浴される場合は、湯船に浸かるのを避けていただき、お肌を強くこするといった摩擦行為をお控えください。当日は、軽くシャワーを浴びる程度のご調整をお願いしています。

術後は保湿クリームで丁寧に保湿

保湿クリームは特別なものを別途ご用意いただかなくても大丈夫です。普段からお使いの保湿クリームで結構ですので、いつも以上に丁寧にケアするように心がけてください

外出の際は、露出を抑えた服装をチョイス + 日焼け止めを使用

脱毛施術を受けた後は、お肌が無防備な状態と言っても過言ではありません。極力露出の多いお洋服はお避けいただき、お肌が直接強い日差しを浴びてしまわないようなケアを心がけてください。 また、紫外線はあらゆる角度からお肌に降り注ぎますので、お洋服だけではなく日焼け止めクリームを併せてご使用ください。

脱毛後に日焼けが可能になるタイミングは?

夏場にキレイになったお肌で海やプールを堪能したいとお考えになる方は少なくありません。せっかく脱毛施術をしてキレイになったお肌ですので、自信を持って披露したいと思いますよね。

術後の日焼けは概ね10日前後以降が目安

術後にお肌の赤みが引くタイミングや、お肌のバリア機能が戻ってくるタイミングも患者さまによって異なります。当院では10日程度経過すれば軽く日焼けをしても大丈夫だとご案内しています。ただし、積極的にお肌を焼くのではなく、UV対策をしながら海やプールのイベントに参加するというスタンスでお願いいたします。 脱毛施術は1回で完結するものではありません。

次回の脱毛施術まで考えますと、なるべく日焼けしないに越したことはありません。「できるだけお肌を焼かない」というスタンスは、脱毛施術が完全に終わるタイミングまで維持していただけますと幸いです。

 

日焼け肌でも施術できるレーザー脱毛器がある!?

日焼け肌でも施術できるレーザー脱毛器がある!?

当院では「アレキサンドライトレーザー」というレーザー脱毛器のほかに「YAGレーザー」という機種も導入しています。後者のYAGレーザーについては、比較的褐色肌や軽い日焼け肌でもレーザー脱毛施術を受けられるという特徴があります。

YAGレーザー:メラニン色素への吸収性が低いレーザー脱毛器

各レーザー脱毛器のレーザー光によって、「メラニン色素への吸収性」や「皮膚組織への深達度」が異なります。YAGレーザーは、比較的皮膚の深い位置にまでレーザーが届き、メラニン色素への吸収性が弱いという特徴を有しています。 このため、お肌が元々黒い傾向のある方や、少し日焼けをしているような状態でも施術が可能になるケースが少なくありません。

当院の場合は、このようにレーザー脱毛器でも異なった性質を持つものをご用意しておりますので、「もう既に日焼けしてしまって…」という場合でも安心してご相談いただけます。 各レーザー脱毛器の「メラニン色素への吸収性」と「皮膚深達度」の関係については別のコラムでも何度かご紹介しています。ご興味をお持ちの場合は以下のリンクをご参照ください。

参照) 医療脱毛はどこも同じ?施術の違いと設備の謎に迫る!


お気軽に「無料カウンセリング」をご活用ください♪

ジュエルクリニック恵比寿は、日焼けの注意点だけでなく、施術前のポイントや医療脱毛のメカニズムなども「無料カウンセリング」の中で丁寧にお伝えしております。 医療脱毛が初めてという方にもご安心いただけるシステムとなっていますので、案内を一通り聞いてから考えるという患者さまも大勢おられます。

信頼できる医療機関で「美」を追求してみませんか?

当院は、美容皮膚科を掲げる医療機関ですので、エステサロンのような脱毛施術の押し売りは行なっておりません。施術のリスクや料金体系などについても事前にしっかりとご案内し、患者さまに最適なプランをご提案しております。

疑問点がおありの際は、質問事項を整理していただき無料カウンセリングにお持ちいただけますと幸いです。皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

予約・問い合わせフォーム