• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

エステに行ったら濃くなった!?硬毛化の原因と対策

硬毛化の原因と対策

 


硬毛化とは?

硬毛化(こうもうか)とは、脱毛施術を受けて毛が抜け落ちた後、数ヶ月程度を経過して該当部位で硬くしっかりとした毛が再生されることを指します

つまり、施術によって希望と相反する結果が施術後に生じるものです。 通常、太くしっかりとした毛が生えるワキなどの脱毛施術においてはほとんどこのような硬毛化リスクはございません。逆に産毛(うぶげ)のような「メラニン色素」の薄い細い毛については、このような施術リスクが付きまといます。

硬毛化しやすい部位は?

産毛が生え揃う箇所にレーザーを照射(もしくは光を照射)すれば、一定程度硬毛化リスクがあります。女性の場合、具体的には次のような部位で注意が必要です。

フェイスライン、うなじ、肩、背中、上腕、腰、太もも(特に内側)など

硬毛化の発症率は??

当院では、上述したような産毛の生え揃う部位で脱毛施術を実施した場合、約1割程度の患者さまに硬毛化症状が現れています。十分に配慮して施術を実施しても、やはり患者さま一人ひとり反応具合は異なりますので、完全に硬毛化リスクをゼロにすることはできません。

エステ脱毛では「硬毛化リスク」が高い!

ちなみに、「エステ脱毛」には医療脱毛と比較して圧倒的に硬毛化しやすい実情がございます。これは、照射しているインテンスパルスライト(IPL)という光に決定的な脱毛効果を届けられるだけの出力が法律上認められていないためです。 つまり、フラッシュ脱毛の光はどのような部位であれ毛根組織に対して「中途半端な刺激」となり得るのです。

エステサロンにとっては追求を避けたい内容ですので自らこのような事実を公表することはございませんが、医療脱毛と比較した場合には何倍もの「硬毛化リスク」があるというのが公平で妥当な評価です。さらに、エステ脱毛の場合、硬毛化になった後に何ら対処法がないという点も見逃せません。

硬毛化は、増毛化(多毛化)とは別??

硬毛化と増毛化は、一般的には現れた症状に対する捉え方の違いだとお考えください。これまで産毛でほとんど目につかなかった部位である程度しっかりとした毛が生えてきた場合、「なんだか毛深くなったかも…」と感じると思います。

これは「毛穴の数が増えて実際に生える毛の本数も増えた」のか、ただ「これまで目につかなかった毛が存在を主張し出した」のかと言うと、ほとんどのケースで後者になります。 よって、大抵の場合表現としては「硬毛化」という方が正確です。ところが、毛深くなったと感じる本人にとっては「増毛化」という表現の方がしっくりきます。このため、増毛化や多毛化という表現も時に使われることがあります。 ただし、普段は産毛さえも生やしていない毛穴が刺激を受けて毛を生成してしまうということも稀に起こります。遺伝子レベルで毛穴の数は変わらないけれども、生えていなかった毛穴から毛が生えてくるという反応も完全には否定できませんので、このような際には「増毛化」という表現が適切になってきます。つまり、まとめますと以下のように言えます。

  • 症状のほとんどは「硬毛化」である
  • 受け取る人の捉え方の違いによって「増毛化(=多毛化)」と言われることもある
  • 稀に産毛さえ生やしていなかった毛穴から毛が生えるという「増毛化」もある

硬毛化のメカニズムは? 熱量不足が原因

硬毛化が起こるメカニズムを理解するには、脱毛のメカニズムをある程度把握しておく必要があります。脱毛施術のプロセスは簡略化すると概ね次のように表現できます。

脱毛施術のプロセス

脱毛希望部位にレーザー(もしくは光)を照射

ムダ毛の中に含まれる「メラニン色素」がレーザー(もしくは光)を吸収

吸収されたレーザー(もしくは光)が熱エネルギーとなって毛根内に浸透

毛根の根元部分にある発毛の司令塔「毛母細胞<」に致命的なダメージを付与

 

このようなプロセスの中で重要なポイントが「2」の「メラニン色素への反応」です。私たち日本人の毛には十分なメラニン色素が含まれているため、見た目の上で黒く見えます。この「黒さ」がメラニン色素の存在証明のようなもので、脱毛施術で照射されるレーザー(もしくは光)はこの黒さ(メラニン色素)に吸収されるという特性があります。

産毛については、このメラニン色素の含有率がほとんどないためレーザー(もしくは光)がうまく毛に吸収されず、毛根組織に十分な熱エネルギーを届けられません。それでも多少なりとも影響を受ける可能性があり、この「中途半端な刺激」が発毛の司令塔「毛母細胞」を活性化させてしまうのです。

この結果、これまで薄く目立たない産毛だったものが、自然に抜け(もしくは施術の影響で抜け落ち)、次回生えてくるときに以前よりも太くしっかりとした毛になって再生されてしまうということが起こり得るのです。


硬毛化対策は「再照射」で!

医療脱毛での硬毛化対策は、太くしっかりとした毛になって再生された場合、その硬くて太く育ったムダ毛に対して「再照射する」という方法がございます。硬毛化したということは、そのムダ毛は以前の産毛よりもメラニン色素を多く含んでいるということですので、このムダ毛に再度レーザーを照射すれば、以前届けられなかった熱エネルギーを十分に毛根組織に浸透させられる可能性があります。

このようなことから、医療脱毛での「硬毛化」症状は、事後対処できない副作用ではないと言えます。エステサロンの場合はもう対処の仕様がないというのが実情ですが、医療脱毛では打つ手段は残されているとお考えください。

注意点は「施術期間が長くなる」こと

硬毛化には「再照射」で立ち向かえる医療脱毛でも、一つ注意しておくべきことがございます。それは、しっかりとした無毛効果を届けるまでにより多くの時間が必要になるということです。 産毛が硬い毛になって再生されるには、毛が抜け落ちて再生されるまでに最低でも2~3ヶ月の期間を要します。

これは脱毛施術が産毛にも脱毛効果をもたらした場合のケースです。うまく脱毛効果を届けられなかった場合については、その産毛が毛周期に従って自然に寿命を迎えて抜け落ちるまでの数ヶ月を更に加味する必要がございます。 また「増毛化」の場合については、刺激を受けて毛が生えるまでの反応は早いものの、初期段階では薄い産毛で生成される可能性が強くなります。

この薄い産毛についてレーザーを照射しても、ようやく硬毛化が起こるという可能性が考えられ、さらに長い期間が必要になります。 しっかりとした脱毛効果を届けられる再照射が可能になるのは、あくまでもこのように硬く太い毛として再生された後の話ですので、この事実を踏まえると想定していたよりもツルツルが手に入るまでに長い期間を要します。医療脱毛で一般的に案内されるのは「1年から1年半程度の施術期間」ですが、これにプラスαでもう少し時間が必要になってしまうのです。

産毛には手を出さない方が無難

者さまがその施術リスクを理解した上で、それでも施術を希望するという場合に産毛に対してもレーザー照射をしていくということになります。上述のような施術期間を踏まえますと、多くの患者さまにご利用いただいております「年間パスポート」に収まらないケースも十分に考えられます。

このようなことから、当院ではたとえば背中にうっすら生えている産毛レベルのムダ毛については「無理に施術しないこと」をオススメしています。「硬毛化した場合にはさらに再照射が必要になること」、「そのためには施術完了までの期間が長くなってしまうこと」を踏まえ、慎重に施術部位と照射の可否をご検討ください。

施術に関するご不安内容は、初回の「無料カウンセリング」でもお伺いしています。信頼される医療機関という立場からも「無理な勧誘」などはございません。どうぞお気軽にご相談ください。

予約・問い合わせフォーム