• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

ピルの服用とホルモンバランスの関係 脱毛施術の可否は?

医師監修について:当院ウェブサイト(ホームページ)コンテンツは当院の美容皮膚科医、日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、アラガン・ジャパン社ボトックス注入指導医など様々な分野の専門医師による監修のもと運営しております。

脱毛におけるピルの服用とホルモンバランスの関係

ピル(経口避妊薬)を服用されている女性の脱毛施術について考えてみたいと思います。一部、ピルを服用しているとレーザー脱毛施術が受けられないと誤解されている場合もございますが、そのようなことはございません。ぜひこちらのコラムをご一読いただき、ピルが脱毛施術に与え得る影響についてご確認ください。月経によるホルモンバランスの変化と肌荒れの関係性についても解説しています。


ピルの服用患者さまも脱毛施術OK!

結論を先にお伝えしますと、ピル(経口避妊薬)を服用されている患者さまの場合でも脱毛施術をお受けいただけます。一部、Webページなどの情報では微妙なニュアンスで案内されていることもございますが、医師の処方指示の範囲内でピルが服用できている場合については、脱毛施術は通常問題なく許可されるはずです。

ピルの服用は「脱毛施術」にどう影響するの?

ピルは女性ホルモンを人為的に外からコントロールするお薬です。このため、ピルを服用していると女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌割合が安定します。 生理前には一般的に「脱毛施術の痛みが出やすい」という影響が少なからずございますが、これはイラストのように排卵後から月経が始まるまでの間に「プロゲステロン」の分泌量が増加するためです。

ピル服用の影響

プロゲステロンが増加すると、「抗菌ペプチド」と呼ばれる物質が減少しお肌を守る機能が一時的に低下してしまいます。また皮脂の分泌量も増えるために、生理前には「吹き出物」や「肌荒れ」が生じやすいという影響が現れます。 レーザーを照射した場合に「痛みやすい…」と感じられるのは、このようなお肌のバリア機能の低下に因るものなのですが、ピルを服用したからといってこの種の影響が突出して現れるわけではございません。

ピル(経口避妊薬)はホルモンバランスを安定させるものなので大丈夫!

ピルをご使用になる場合には、その日飲むべきピルというものが月経周期に合わせて予め決められています。それぞれのピルに女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が適切な割合で化学合成されているため、その日服用すべきものを服用することでホルモンバランスを安定させることができます。

また、この作用によって「今月はもう排卵しなくても良い」と脳が勘違いを起こしますので、排卵がストップして非常に精度の高い避妊効果が得られます。このように、ピルには「ホルモンバランスの安定」という効果がございますので、月経の影響を受けやすい女性の場合にはニキビなどの症状を改善する手段として使用されることもあります。

ピルの性質上、「人為的な女性ホルモンの調整」が脱毛施術に悪影響を与えるのでは?と懸念されがちですが、むしろ「ホルモンバランスの乱れを整える効果」を狙ったものですので、脱毛施術時に過度な痛みやリスクをもたらすといった悪影響は考えられません。

エステサロンだと断られることもある??

当院は、妊娠が判明している妊婦さんにつきましては脱毛施術をお断りしています。これは妊娠によって通常の月経とは異なったレベルで大きくホルモンバランスが変化するためです。また脱毛施術による細かな痛みが「ストレス」として胎児にマイナスの影響を与える可能性を排除する意味もございます。

肌トラブルのリスクが増えますので、出産後に再開してください♪

脱毛施術は皮膚表面の極薄いエリアのみで作用するため、脱毛施術のレーザー光自体が直接赤ちゃんに悪影響を与えるようなことはございません。ただし、大きく変化するホルモンバランスの影響を受けて、ママのお肌は通常よりも敏感になってしまいます。 この状態で施術を実施いたしますと、通常よりも痛みを強く感じてしまい、「肌トラブル」を招く可能性が大きくなってしまいます。

このため、ご妊娠が判明した際には一旦脱毛施術を中止していただき、無事出産を終えて一段落した後で施術をご再開いただきますようお願いします。 「休会制度」によって対応が可能ですので、赤ちゃん最優先の生活へと切り替えていただき、当院までお早めにご連絡いただきますようお願いします。休会制度の内容については、以下のコラムで詳しく案内しています。妊娠から出産の可能性を含めて脱毛施術を検討されている患者さまは、ぜひご確認ください。

参照)【必見】妊活女子の医療脱毛


疑問点やご相談は「無料カウンセリング」で♪

ご説明いたしました。実際にピルを服用されている患者さまの場合には、当コラムを読んでも個人的な疑問点などが解消できない場合もあるかもしれません。そのような際は、ぜひお気軽に「無料カウンセリング」にお越しください。もちろん、通常の脱毛施術のご相談も可能です。

また、当院には「美肌プラン」などもご用意しておりますので、美しさに磨きをかけたい患者さまについてもお気軽にご相談いただけます。スタッフ一同皆さまのお越しをお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム

当院の全身脱毛、パーフェクトボディーを目指して

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛部位により痛みを感じやすい箇所や、患者さまそれぞれの肌質や毛量によって、どのようにレーザーを照射させていくべきかは異なってきます。

それぞれに適切な照射レベル、照射角度、脱毛スケジュールをご提案させていただき、患者さまにとって、身体的なご負担やストレスを感じにくいものをご提案させていただきます。もちろん、脱毛効果の部分では妥協しないことが前提となりますので、どうぞご安心してお任せください。


肌質や部位により適切な機種を使い分けます

肌質や部位により適切な機種を使い分けます当院では、部位や肌質、お肌の状態などに合わせて複数の医療レーザー機でオールマイティーに対応できる環境を確保しています。

患者さまの肌質や元々の肌色、その時の日焼けの状態なども総合的に加味し、「アレキサンドライトレーザー」や「YAGレーザー」といった機器を使い分け、痛みと効果のバランスの中で最良の選択をしながら全身脱毛を実現させていきます。

疑問点や不安材料などがございましたら、適宜ご相談ください。


「全身脱毛」はこのような方に最適です!

「もう自己処理の日々から解放されたい…」

ムダ毛の自己処理にある程度慣れている場合でも、やはりそれに要している日々の時間はかなりのものになります。医療脱毛レーザーで全身脱毛を実現させてしまえば、ワキや腕、脚など各部位において自己処理に要していた時間を全て自分の時間として有効活用することができます。

お手入れの時間が物理的になくなるばかりでなく、精神的なストレスも大幅に軽減されることから、日々をより軽やかに歩むことが可能になります。

「自己処理からの肌荒れを何とかしたい…」

ムダ毛の自己処理後に誰もが一度は経験するのが、「肌荒れ」「赤み」「痒み」などの肌トラブルです。お肌に細かなトラブルを生じながら自己処理を続けている方も多いですが、慢性的な肌荒れは女性としての自信の喪失にもつながってしまいます。

医療機関で安全かつ適切に脱毛処理を施すことで、このようなトラブルを最小限度に抑えながら、スベスベでツルツルのお肌に限りなく近づけていくことが可能となります。

「もともと毛深くて、スカートとかもなかなか選択できない…」

遺伝的な側面があるものの、毛深く生まれた場合、女性としてはプラスの評価を受けにくいのが現状です。美容医療の観点からも、全身脱毛を選択することで、それ以前より明るく前向きになれるというメンタル面での効果も期待できます。

「医療脱毛」を女性としての新しいステージへのきっかけとしてご選択いただければ幸いです。