• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

痛みが少ないと噂の蓄熱式脱毛器「メディオスター」の本当の話

医師監修について:当院ウェブサイト(ホームページ)コンテンツは当院の美容皮膚科医、日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、アラガン・ジャパン社ボトックス注入指導医など様々な分野の専門医師による監修のもと運営しております。

痛みが少ないと噂の蓄熱式脱毛器「メディオスター」の本当の話

痛みが少ないことで注目されている蓄熱式脱毛器「メディオスター」は、生えてこなくなるという脱毛効果の論拠が弱いと当院は考えています。メディオスターではどうして不十分な脱毛効果で留まりやすいのか…?その理由を「蓄熱式脱毛器」の特徴に沿ってご案内いたします。


メディオスター(蓄熱式脱毛)ってどうなの…?

「メディオスター」という医療用レーザー脱毛器は、ドイツのエスクレピオン社が製造しているもので、国内では2018年に「メディオスターネクストプロ」という上位モデルで厚生労働省の薬事承認を得ています。

メディオスターの特徴である「蓄熱式脱毛(SHR方式)」というものについては、以前から広く使われている「ショット式(HR式)」のレーザー脱毛器とは脱毛メカニズムそのものが異なります。


蓄熱式脱毛器は「バルジ領域」を狙ったもの

「メディオスターネクストプロ」と「ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)」の違いについて、脱毛メカニズムを中心にまとめると以下のようになります。

ポイントは、蓄熱式脱毛器のメディオスターネクストプロは、レーザーが破壊しようとしているターゲットとして毛根奥の「毛乳頭」や「毛母細胞」ではなく、毛包内の中ほどに存在する「バルジ領域」を狙っているという点です。

メディオスターネクストプロとジェントルレーズプロの違い

メディオスターネクストプロ ジェントルレーズプロ
脱毛方式 蓄熱式(SHR方式) ショット式(HR方式)
使用されるレーザー ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー
ターゲット バルジ領域 毛乳頭や毛母細胞
対象物にもたらす温度 65℃程度 230℃程度
メラニン色素への反応 緩やかに反応 強く反応
痛み 痛みが強い 痛みが強い
術後のムダ毛変化 なかなか抜け落ちない 2週間程度で抜け落ちる

※ジェントルレーズプロでは「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれるレーザー光が使用されており、こちらの名前を取ってレーザー脱毛器「アレキサンドライトレーザー」と紹介されることも多くなっています。

蓄熱式脱毛器は「バルジ領域」を狙ったもの脱毛効果に関して最も大きな違いを与えているものは「ターゲット」です。ジェントルレーズプロでは、破壊すべきターゲットを「毛乳頭」や「毛母細胞」としており、メラニン色素にエネルギーを伝達していく形で毛穴(毛包)全体に熱を浸透させます。

蓄熱式と比較すると、ショット式の方はより瞬間的な照射といったイメージになります。

一方、メディオスターネクストプロでは発毛指令を促す組織として指摘されている「バルジ領域」に緩やかに熱を浸透させるという特徴があります。

近年の研究で「毛を作りなさい」といった指令はこのバルジ領域から発せられている可能性が指摘されており、この部分を壊せば十分に発毛力を奪えるのではないかという発想がベースになっています。

また、耐熱式では65℃程度の比較的緩やかな熱が対象物のバルジ領域に届く仕組みになっており、じんわりと熱を浸透させることで、穏やかにムダ毛の発毛力を奪取しようというメカニズムになっています。


「バルジ領域の破壊」だけで生えてこなくなるかはまだまだ謎…

アレキサンドライトレーザー系の脱毛器が「毛母細胞」や「毛乳頭」の破壊を狙ってきた理由は、毛母細胞や毛乳頭が「毛を作る工場」だからです。

厳密には、毛乳頭が稼働することで毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、毛が上へ上へと成長していきます。このため、「毛乳頭や毛母細胞に強い熱を加えればムダ毛の発毛力は奪える!」という発想でこれまでのレーザー脱毛器は作られてきました。

また、仮にバルジ領域から発毛指令が出されていたと確定しても、アレキサンドライトレーザーの場合には皮膚表面のメラニン色素から毛根全体に熱が行き渡る仕組みになっているため、毛乳頭や毛母細胞だけでなくバルジ領域も含めた毛根組織全体へのダメージが期待できます。

このようなことで、ジェントルレーズプロは「脱毛効果が高い」と評価されて一早く国内で薬事承認を得た経緯もあります。


メディオスターも薬事承認を得ているものの…

既にご紹介したように、メディオスターに関しても「メディオスターネクストプロ」というモデルで2018年に厚生労働省の薬事承認を得ています。

このため、一定の信憑性があると言えるのですが、実際にメディオスターネクストプロを使用した人たちの脱毛効果の実績はやはり「ジェントルレーズプロ」に敵うものではありません。

永久脱毛という点で言えば、5年先10年先になってやっぱり生えてきたという声が出てくる可能性も考えられます。 また、上記の表でもご紹介しました通り、術後の脱毛効果(実際に毛が抜け落ちるまで)に時間を要するという点も忘れてはなりません。

「痛みが少ないこと」と引き換えに、「抜けるまでに時間がかかること」、そして「本当に生えてこなくなるのかのエビデンスが弱い点」を踏まえると、わざわざ「ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)」を避けて施術をする意味はあまりないように感じられます。

痛みについては、レーザー照射前の「冷却ガス噴射システム」に「表面麻酔」を併せていただければ十分に抑制できますので、当院としてはやはり実績のある「ジェントルレーズプロ」というモデルでのレーザー脱毛施術をおススメしたいと思います


施術実績の豊富なアレキの方が安心できます♪

施術実績の豊富なアレキの方が安心できます

女性にとって脱毛施術とは、「美のベースラインを維持すること」に他なりません。医療脱毛を選ぶということは、それだけ長期的に脱毛効果の持続をお望みになっているということだと思います。

このため、クリニックを選ぶ際は、やはり脱毛効果に関して最も実績のある「ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)」の方がご安心いただけます。 「メディオスターネクストプロ」については、まだまだ脱毛効果に不安が伴う点を加味していただき、ジェントルレーズプロが導入されている当院での脱毛施術をご検討いただけますと幸いです。


お気軽に無料カウンセリングへ

当院では、初回すべての患者さまに「無料カウンセリング」を実施しております。これは、脱毛施術が前提になっているものではなく、単純に「医療脱毛(レーザー脱毛施術)のガイダンス」的な位置づけとなっています。

「少し興味があって話を聞いてみたい♪」というケースや、「エステ脱毛で効果がなくて…」というご相談でも構いません。お気軽にご予約をお取りいただき、当院まで足をお運びください。皆さまのご相談をスタッフ一同お待ちしております。

予約・問い合わせフォーム

当院の全身脱毛、パーフェクトボディーを目指して

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛

ご希望に沿ったオーダーメイドな全身脱毛部位により痛みを感じやすい箇所や、患者さまそれぞれの肌質や毛量によって、どのようにレーザーを照射させていくべきかは異なってきます。

それぞれに適切な照射レベル、照射角度、脱毛スケジュールをご提案させていただき、患者さまにとって、身体的なご負担やストレスを感じにくいものをご提案させていただきます。もちろん、脱毛効果の部分では妥協しないことが前提となりますので、どうぞご安心してお任せください。


肌質や部位により適切な機種を使い分けます

肌質や部位により適切な機種を使い分けます当院では、部位や肌質、お肌の状態などに合わせて複数の医療レーザー機でオールマイティーに対応できる環境を確保しています。

患者さまの肌質や元々の肌色、その時の日焼けの状態なども総合的に加味し、「アレキサンドライトレーザー」や「YAGレーザー」といった機器を使い分け、痛みと効果のバランスの中で最良の選択をしながら全身脱毛を実現させていきます。

疑問点や不安材料などがございましたら、適宜ご相談ください。


「全身脱毛」はこのような方に最適です!

「もう自己処理の日々から解放されたい…」

ムダ毛の自己処理にある程度慣れている場合でも、やはりそれに要している日々の時間はかなりのものになります。医療脱毛レーザーで全身脱毛を実現させてしまえば、ワキや腕、脚など各部位において自己処理に要していた時間を全て自分の時間として有効活用することができます。

お手入れの時間が物理的になくなるばかりでなく、精神的なストレスも大幅に軽減されることから、日々をより軽やかに歩むことが可能になります。

「自己処理からの肌荒れを何とかしたい…」

ムダ毛の自己処理後に誰もが一度は経験するのが、「肌荒れ」「赤み」「痒み」などの肌トラブルです。お肌に細かなトラブルを生じながら自己処理を続けている方も多いですが、慢性的な肌荒れは女性としての自信の喪失にもつながってしまいます。

医療機関で安全かつ適切に脱毛処理を施すことで、このようなトラブルを最小限度に抑えながら、スベスベでツルツルのお肌に限りなく近づけていくことが可能となります。

「もともと毛深くて、スカートとかもなかなか選択できない…」

遺伝的な側面があるものの、毛深く生まれた場合、女性としてはプラスの評価を受けにくいのが現状です。美容医療の観点からも、全身脱毛を選択することで、それ以前より明るく前向きになれるというメンタル面での効果も期待できます。

「医療脱毛」を女性としての新しいステージへのきっかけとしてご選択いただければ幸いです。