• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

医療脱毛の永久性。その効果と施術方法とは?


医療脱毛の永久性 その効果と施術方法とは?

医療脱毛が「永久脱毛」と言われるようになって久しいですが、実際の永久性の効果についてはやや曖昧というのが一般的な判断だと思います。永久と言われる脱毛効果が何を基準に語られているのか、またその永久性確保にはどのくらいの施術回数(施術期間)が必要になるのか、このあたりの基礎情報をレーザー脱毛施術をベースにご紹介いたします。

「永久脱毛」で得られる実際の脱毛効果は??

永久脱毛とは、「レーザー光の熱エネルギーによって毛母細胞が破壊されることで得られる脱毛効果」のことを指します。永久という言葉には、永遠に持続するという意味がございますが、脱毛施術の場合はどちらかと言うと、「永久に近いニュアンスの脱毛効果」とお受け止めください。

脱毛施術によって、「永遠と呼んでも良いのではないか?」と思わせる持続的脱毛効果が認められたため、わざわざ「永久的な脱毛効果」と言わずに「永久脱毛」と命名されたという経緯があります。厳密なところでは「永久脱毛」を指す英語は二通りございますが、日本国内では「絶縁針脱毛」は現在実施機関が少なく、「レーザー脱毛」が主体ですので、「米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)」の定義に基づいた脱毛効果を当てはめるのが妥当です。

レーザー脱毛器の生みの親(米国)が示す脱毛効果の定義

日本の厚生労働省に該当するアメリカの国家機関、「米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)」が定義している脱毛効果が以下にご紹介するものです。レーザー脱毛に対して使われる表現の「Permanent hair reduction(永久的な毛の減少≒永久脱毛)」が意味しているところを説明しているものです。

 米国内でPermanent hair reductionが意味しているもの 

● 3度のレーザー照射後、6ヶ月を経過したときの毛量が施術前より67%以上減っているもの

レーザー脱毛はまだまだ歴史が浅いため、「電気脱毛(≒絶縁針脱毛)」のように実際の施術実績(歴史)が脱毛効果を証明するということはできません。このため、訴訟大国アメリカとしての少し控え目な表現としてこの基準が設定されたのだろうと判断できます。

日本で使用されているレーザー脱毛器の多くはアメリカ製のもので、最も普及しているアレキサンドライトレーザー系のモデルは大半が米国「シネロンキャンデラ社」のものです。当院のレーザー脱毛器も全て「シネロンキャンデラ社」のものですので、基本的にこちらの基準に合致する脱毛効果が得られるとお考えください。

参照) 永久脱毛は本当に永久的? ツルスベ最短ルートの考察!

永久脱毛に必要な施術回数は?

前述のように、レーザー脱毛が提供している「永久脱毛」の言葉の定義の中には「3度以上の同部位施術で…」という前提条件が案内されています。これは、レーザー脱毛施術が3度で完結するということではなく、どちらかと言うと「最低でも3度くらい同部位施術を受けていただかないと明確な脱毛効果は狙いにくい」と解釈していただきたいものになります。


個人差や部位によっても必要な施術回数は異なる

2~3ヶ月の施術間隔で3度同部位施術をお受けいただければ、ある程度目に見える変化はお感じいただけます。ただし、患者さまによって元々の毛深さや毛質の違いもございますし、部位によっても毛の太さや傾向などがございます。

このため当院ではざっくりと以下のようにご案内し、こちらの目安を基準に施術計画をお立ていただきたいとご説明しています。

レーザー脱毛施術の必要回数とトータル期間の目安

施術回数の目安 トータル期間
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回 半年程度
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回 1年程度
ツルツルを目指す場合 5回~8回 1年半程度

※施術間隔については、2~3ヶ月ごとの同部位施術をおススメしています。

施術回数を明確にご案内できない理由

"

私たちの体毛は、全ての毛が同じリズムで生え変わっているわけではありません。ムダ毛1本1本には「成長期→退行期→休止期…」といった独自のヘアサイクルがあり、「生えては抜けて…」を繰り返しながら全体量が維持されています。

部位によって毛の太さが異なっていたり、人によって元々生えているムダ毛の量も異なります。 このため、同じ出力で同じ回数レーザー脱毛施術を実施した場合でも、必ずしも同じタイミングで全員が同じレベルの脱毛効果に到達するわけではないのです

これはツルツルを目指す場合もVIO脱毛でご依頼いただくことの多い「ある程度の清潔感」を目指す場合も同じです。このため、あくまでも上述のような目安をもとに施術計画を立てていくものだとご理解ください。 この点を加味しますと、施術回数に余裕のあるプランの方がご安心いただけます。


レーザー脱毛の施術制限(受けられない人もいます)

レーザー脱毛施術は「医療行為」であるため誰でも必ず受けられるというものではありません。施術には一定のリスクもございますので、初めから高いリスクや他の患者さまへの影響が懸念される持病などについては、お断りしております。

 レーザー脱毛の実施が困難な持病 

● 心臓に関する疾患をお持ちの患者さま

● ペースメーカーをお使いの患者さま

● がん治療をお受けの患者さま

● 免疫不全がおありの患者さま

● HIV等の血液のご病気をお持ちの患者さま

● 光アレルギーや光過敏症の患者さま(てんかん既往歴は要相談)

上記の「てんかん既往歴」については施術を実施させていただくケースもございます。過去に発症したときの経緯や現在の状態などを伺わないと何とも言えませんので、詳しくは「無料カウンセリング」にお越しいただきご相談ください。

肌体質、生理中、妊娠中なども要注意!

持病の中でも「乾燥肌」や「敏感肌」といった軽度の肌体質であれば施術いただくことは可能です。「アトピー性皮膚炎」などについても事前にしっかりとご相談いただいた上で施術実施にGOサインを出すことが多くなっています(ただし、念のため使用中のお薬などをお持ちいただきしっかりと事前診断を受けてください)。

その他、以下のケースでは施術実施に関してタイミングの問題がございますので、該当される場合はご留意ください。

 レーザー脱毛の実施に影響が出る症状やタイミング 

●アトピー性皮膚炎などの強い皮膚疾患をお持ちの患者さま

多くは実施できますが、ご相談の上で決めさせていただきます

●妊娠していることが判明している患者さま

妊娠中の患者さまはお断りしていますが、まだ妊娠していない婚活中の女性というレベルであれば施術可能です

●VIO脱毛を希望している患者さま

VIO脱毛に関しては生理期間を避けた施術日をご調整ください。デリケートゾーン以外の部位であれば生理中も施術可能です。

妊娠については、レーザー光が胎児の成長に直接的な悪影響をもたらすというものではございません。ホルモンバランスの変化によって肌トラブルが出やすくなったり、施術に伴う痛みストレスが妊娠中にはあまり好ましくないといった判断が成り立つためです。施術期間中やご契約後に妊娠が発覚したという場合であっても「休会制度」がご利用いただけますので、赤ちゃんのことを第一に考えていただき、すぐに脱毛施術の休止をご連絡ください。

参照) 【必見】妊活女子の医療脱毛


脱毛施術に関するご相談は「無料カウンセリング」で♪

当コラムでは、「永久脱毛」として案内されるレーザー脱毛施術の永久性について取り上げ、そのメカニズムや実際に必要な施術回数などについてご紹介しました。これに加え、持病などによって起こり得る施術制限についても簡単にまとめさせていただきました。

こちらでご紹介した内容以外にも、レーザー脱毛施術について疑問をお持ちの場合もあるかもしれません。「私が持っているこの持病(症状)の場合はどうなの?」など、ご相談したい内容がございましたらどうぞお気軽に「無料カウンセリング」をご利用ください。 皆さまのお越しをお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム