• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
  • ※税込3.000円以上から利用可能

ジュエルクリニック

  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

コラム

知識

医療レーザーで「効果が出やすい脱毛部位」の見分け方

医療レーザーで「効果が出やすい脱毛部位」の見分け方

レーザー脱毛施術でしっかりと安全に脱毛効果を手にするためには、「脱毛しやすい部位の特徴」を理解しておくことが大切です。素人目線で「これくらいすぐ脱毛できるだろう」と判断していると落とし穴にはまってしまうこともあります。レーザー脱毛がどのようなムダ毛に最適なのか当コラムでご確認ください。「脱毛効果の狙いやすい部位」と「痛みレベル」の関係がわかる目安表もご紹介しています。


「太くて黒い毛」は脱毛効果を届けやすい!

脱毛用の医療レーザーがしっかりと反応しやすい場所は、「生えているムダ毛が太くて濃い部位」ということになります。たとえば、ワキやアンダーヘア(VIO)などはこの条件に合致しますので、適切な回数を重ねればツルスベを狙いやすくなります。

もちろん、元々の毛量(毛深さ)がございますので、すぐに脱毛施術が終わるというわけではありません。ですが、背中やお腹に生えている薄い産毛(うぶげ)のような処理とは違い、太い毛にはしっかりと熱を浸透させられますので、都度の照射で的確にムダ毛の毛根組織を破壊できます。これは照射されるレーザー光が、「黒いメラニン色素に反応する性質」を備えているためです。

黒いメラニン色素に反応するから、ムダ毛に熱が浸透する

日本人のムダ毛は、比較的多くのメラニン色素を含みます。医療脱毛用のレーザー光は「ムダ毛」にピンポイントに反応しているわけではなく、実は「照射範囲の黒いメラ二ン色素」に反応しています。日本人の肌体質であれば、通常皮膚上にはあまり多くのメラ二ン色素がございませんので、排他的にムダ毛にしっかりと熱吸収されていくというわけです(このため、日焼け肌はNGになります)。

「脱毛効果の狙いやすさ」と「痛みレベル」の目安表

レーザー光のメラニン色素への浸透具合を元にした「脱毛のしやすさ」に関する目安表を掲載させていただきます。「脱毛のしやすさ」と言うと、施術の快適さと誤解される可能性もございますので、「痛みレベル」との関係もわかるようにさせていただきました。

「脱毛効果の狙いやすさ」と「痛みレベル」の目安表

部位 脱毛のしやすさ (毛根組織破壊の狙いやすさ) 痛みレベル
ワキ、デリケートゾーン(VIO)
ヒザ下
ヒザ上(太もも) 〇~△
ヒジ下
ヒジ上
背中、二の腕、お腹などの産 × 弱~無

※あくまでも一般的な女性の毛量をもとにした目安表です。

ご覧のように、「しっかりとムダ毛に熱が浸透するほど痛みは大きくなる…」という傾向がございます。ただし、痛みについては「毛の太さや濃さ」以外にも「皮膚自体の色素沈着のレベル」や「部位特性としての神経の細やかさ」なども関係してきます。毛の中に含まれているメラニン色素の量がすべてではありませんのでこの点は誤解のないようにお願いします。


毛が薄い部位の脱毛はすぐに終わる?…は間違い

医療用脱毛器のレーザー光が黒い色素に反応している理屈を知れば、女性の二の腕などにありがちな「無色に近い産毛(うぶげ)」に関しては脱毛処置が難しいことがお分かりいただけると思います。一見、「これくらい薄ければすぐ脱毛できそう♪」と思われますが、実は逆で産毛には脱毛効果を届けられない場合がほとんどです。

このようなことから、レーザー脱毛は「毛深い女性ほど有利な施術」とまとめることができます

産毛は脱毛するのが難しい(増毛化・硬毛化リスクあり)

産毛は脱毛するのが難しい(増毛化・硬毛化リスクあり)

ちなみに、産毛を無理に脱毛しようと闇雲にレーザーを照射していると、その刺激でかえって生えていなかった毛穴から新たに毛が生えてきたり(増毛化)、その毛が一応は抜けたもののまた太くなって再生されたりするケース(硬毛化)もあります。照射レベルの調整によって、一旦そのムダ毛が抜けることを実現できても、これは毛根組織を破壊(厳密には熱変性)できたわけではないからです

毛穴の奥にある毛根組織をしっかりと破壊できなければ、月日の経過とともにその毛穴からまたムダ毛が生えてきますし、産毛への中途半端な攻撃ではかえって毛深くなってしまうケースがあるということです。この場合、再照射を重ねることで最終的に毛根組織を破壊するという「逃げ道」はございますが、通常よりもかなり長い脱毛期間を要しますので、安易に「この薄い毛なら簡単に脱毛できるはずだし…」と施術を決めるのは間違いということになります。

参照) 産毛へのレーザー脱毛 硬毛化リスクの見極めと対策

当院の場合であれば、コース希望を伺いながら「産毛には照射しない方が良いかもしれない旨」をご説明しておりますが、クリニックによっては詳しい説明がなされないまま患者さま希望という判断で産毛へのレーザー照射が実施されてしまうケースもあります。このため、信頼できる評判の良い医療機関(クリニック)を選ぶことは非常に重要です。


技術力の高い信頼できるクリニックにご相談を♪

当コラムをお読みいただければ、「産毛さえほとんどないツルスベお肌」への到達は簡単なものではないとお分かりいただけたと思います。患者さまによっては、「産毛が一旦濃くなってもいいから、とにかく時間をかけてでもツルスベにしたい…」とご相談なされるケースもございます。

そのような際は、増毛化や硬毛化リスクについて詳しく説明させていただいた上で、最終的なツルスベへの道のりが長くなってしまうこと(=施術費用がかさむ旨)もご案内し、それでもと望む場合に「産毛に挑む」という戦いをさせていただくケースもございます。

いずれにしましても、信頼できるクリニックにご相談いただかないと、このような説明の有無によって期待しない方向に進んでしまう可能性もないとは言えません。レーザー脱毛施術は現在最もおススメできる「ベストバランスを備えた脱毛法」ではございますが、すべてのムダ毛にパーフェクトに対応できるわけではありませんので、この点を踏まえた上で施術計画をご相談ください。

随時、「無料カウンセリング」実施中!

当院は初回の患者さま接点として「無料カウンセリング」を実施しています。レーザー脱毛のメカニズムや患者さまにおススメの施術プラン、また副作用や施術リスクなどについてもわかりやすくご紹介しています。

女性にとってムダ毛の処理は「美を確保する際に避けて通れないもの」ですので、未来に持続する脱毛効果を備えたレーザー脱毛施術をご選択ください。「無料カウンセリング」にてお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム