• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
ロゴ
  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

エステ脱毛との比較

医療レーザー脱毛とエステ脱毛との違い(どちらを選ぶべき?)

医療レーザー脱毛とエステ脱毛との違い

脱毛と聞いて、一番身近に思い浮かべるものは、もしかすると「エステサロン」かもしれません。というのも、女性であればエステサロンを日常的に利用する機会もありますし、そこである程度「安い料金体系」で脱毛コースが紹介されると、つい「受けてみようかな?」となることが多いからです。「エステ脱毛」と「医療レーザー脱毛」の一番の決定的な違いは、使用される脱毛機器の出力レベルです。

「エステ脱毛」では、多くの場合、IPL(ntense pulsed light=インテンスパルスライト)と言われる「光」を使った脱毛機器で脱毛が行なわれます。これに対して、「医療レーザー脱毛」では文字通り「レーザー」が使用されます。いずれの場合でも、光やレーザーを介し毛一本一本のメラニン色素に働きかけ、毛根奥の毛乳頭を取り巻く毛母細胞を破壊、もしくは弱らせることで脱毛が実現されます。よって、本質的な脱毛のメカニズムは同じものです。ただし、エステの光脱毛では決定的に出力レベルが不十分なため、永久脱毛を狙う場合には何度も何度も光を照射させる必要が出てきます。また、回数を重ねても現実的には永久脱毛に届かないことも業界では良く知られているところです。

一見、「安さ」を謳うエステ脱毛ですが、実は完全な脱毛までのプロセスを考えると、施術回数を増やしてしまい、結局高額になってしまうという落とし穴があります。それでも満足いく結果が得られれば良いのですが、相対的に永久脱毛は実現されにくいと言わざるをえない状況です。

永久脱毛については、厚生労働省より以下のような通知が出ています。「 レーザーや強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は医療行為である。」つまり、医師のいないエステサロンでは、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊しないレベルに出力調整された脱毛機器でしか脱毛行為を実施できないわけです。

よって、エステサロンが永久脱毛に到達できないのは、いわば必然的な帰結と言えます。表面的な満足でなく効果に見合った満足「永久脱毛」を目指す場合、やはり十分な出力の出せる「医療レーザー脱毛」を選ぶのが正しい判断となります。

確実な効果を追求する「医療脱毛」(多少の痛みは生じます)

確実な効果を追求する「医療脱毛」医療用レーザー脱毛では、毛根奥の毛乳頭を破壊すべくレーザーを照射していきます。これにより、毛乳頭付近の毛母細胞を強制的に活動停止に追い込めるため、実際に永久脱毛が実現されていきます。

このようなことから、エステサロンの「優しい光脱毛」とは異なり、レーザーの照射によって多少なりとも痛みを生じるのが医療脱毛の性質とも言えます。我慢できない程の「痛み」ではなく、我慢できるような「痛み」になりますので、適切に反応しているという実感をお持ちいただけると思います。

痛みのイメージとしては、輪ゴムで弾かれたようなものとお考えください。冷却ガスを吹き付けながらのレーザー照射となり、痛みを感じにくい配慮もさせていただいておりますので、過度にご心配いただく必要はありません。

また、人によってお肌の弱い方なども考えられますが、医師が事前に診察にて適切に肌診断をさせていただき、その状態に合わせた脱毛施術を実施いたします。経過診察やお薬の処方、緊急時においても医師が対応いたしますので、ご安心ください。


一見安い「エステ脱毛」が、結果的に高くつくことも?!

相対的に低い効果で回数を引き延ばしてしまうと、結果的に余計に高くついてしまうということにもなりかねません。これはある意味ではクレジットカードのリボ払いのようなもので、方向性としては「エステ脱毛」の向かう先だと言えます。

一方、確実に効果のある施術を必要回数だけ実施する、その効果を見据えて前向きに自己投資する、これが「医療脱毛」に際し、事前にイメージしていただきたい心構えです。高額だと思われがちな医療脱毛でも、結果的にエステサロンよりも安くつくケースも十分に想定されます。

私たちジュエルクリニックは、エステサロンとは違い、医療機関としての責務があります。厳しい法律に即した適切な診療を行なう必要があることから、結果と向かい合うこともさることながら、利益を追求するためだけの不必要な施術はご提案いたしません。脱毛を希望する患者さまにご満足のいく結果を提供することが、唯一我々ジュエルクリニックの目指しているところです。


有資格者のみが脱毛を実施する「医療脱毛」

有資格者のみが脱毛を実施する「医療脱毛」医療機関では、正しく適切な研修を行なった「医療従事者」が医療脱毛を実施できます。この医療従事者とは「有資格者」を意味し、具体的には医師や看護師を指します。当院でも必ず医師もしくは看護師が脱毛施術を行ない、脱毛に関わるリスク知識、万一の場合なども踏まえて対応できる環境を確保しています。

一方、エステサロンに関しては、医療従事者ではない一般の「エステティシャン」が脱毛のための照射を行ないます。つまり脱毛行為を医学的に把握して施術にあたるというよりは、脱毛機器の取り扱いをマスターして手順通りに光やレーザーを照射しているにすぎないといえます。

表面的に行なわれている光景は似てはいるものの、対応できる幅やその行為の意味するところは全く異なっています。エステサロンによっては、市販の家庭用脱毛機と同等の出力しか出せない脱毛機器を使用し、痛くない脱毛を謳い文句に営業しているところもありますので注意が必要です。


医学的見地のない経験則で実施される「エステ脱毛」

人それぞれに肌質や毛の量、お肌の色(色素レベル)などが異なってきますので、誰に対しても一定の照射レベルが適切なわけではありません。よって、医療脱毛を行なう際は、その事前段階としてカウンセリング(診察)を実施し、患者さまのお肌の状態を把握したうえで適切な照射レベルを決定していきます。

これらは院内に在籍している医師が行ないますので、安全性に強く関わる入口の部分で最も信頼性の高い評価が得られます。これに対し、エステサロンでは当然医師がいませんので、症例などに応じた経験則を基にカウンセリングも実施されます。よって、信頼性という部分でその判断には少なからず不安が付きまといます。


万一のトラブルにもその場で対応、それが「医療脱毛」の安心感

万一のトラブルにもその場で対応エステサロンでは、医師が在籍しているわけではありませんので、何かあった場合の対応が一番の懸念材料となってきます。年間1万件を超えるとされるエステサロンのトラブルは、何かの時に適切な対応策が取れないことと大きく関係していると言えるでしょう。

このようなことで医療機関と提携して診察を行なえるようなエステサロンも徐々に増えつつあるものの、エステの中に医療機関を併設しているわけではないので、医師による迅速な対応はやはり難しいと言わざるを得ません。対して、ジュエルクリニックでは医療機関として医師を在籍させて医療脱毛を行なっています。

このため、何かあった場合にも即座に医師が適切な治療を行なうことが可能です。また必要となるであろうお薬についても、その場で処方するなど都度迅速で適切な対応を取ることができます。

予約・問い合わせフォーム