• 診療時間
  • 休診日
  • クレジットカード
  • お支払いも簡単!各種クレジットカード使えます
ロゴ
  • 無料カウンセリング
  • 通話料無料フリーダイヤル 11:00〜20:00
  • 0120-68-0440
  • 医療脱毛専用スタッフがいつでも対応

医療脱毛のすべて

ジュエルクリニックのレーザー脱毛とは?

ジュエルクリニックのレーザー脱毛当院で使用する脱毛機器は、大学や学会などの研究結果を経て、信頼性が確保されたものを使用しています。脱毛メカニズムとしては、毛一本一本のメラニン色素に働きかけ、レーザーによる熱エネルギーで毛乳頭など、毛を生成する根元の組織を破壊します。

ご家庭やエステで行なわれる脱毛とは本質的に使われる機器やレーザー出力も異なりますので、確実な脱毛、うぶ毛などの処理も可能となります。また、専門医による判断のもと、部位に合わせた適切な調整も行なわれますので、周辺の皮膚組織にはほぼノーダメージで脱毛を実現することができます。


エステ脱毛と比較した際の強み


最新の医療脱毛は費用も速度も違う!


当院使用のレーザー機器


医療レーザー脱毛のポイントとメリット、一部のリスク面

医療レーザー脱毛のポイントとメリット女性にとってムダ毛の処理はもはや常識で、効果面や手軽さ、技術の進歩、美容意識の高まりなどにより、エステやクリニックで脱毛することも一般的になってきました。様々な脱毛機器や、脱毛方法があるものの、一番効果が高いものが「医療レーザー脱毛」であることに疑いの余地はありません。

これは強いレベルのレーザーを毛一本一本のメラニン色素に反応させ、毛の根元の毛乳部分に効果的に熱を伝えることができるためです。毛乳頭を取り囲む毛母細胞を適切に破壊することで、周辺の皮膚組織にはほとんどダメージを与えることなく、安全で確実な脱毛が可能となります。


医療レーザー脱毛のメリット

お肌へのダメージを極力ゼロにしたキレイな脱毛

家庭用脱毛機では出力不足の関係で何度も何度も照射をしてしまったり、毛周期への配慮を怠り、不必要にお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。医療レーザー脱毛に関しては、無駄な照射を廃し、適切な照射出力をベストなタイミングで実施することができます。このため、お肌へのダメージをほとんど残すことのないキレイな脱毛が可能となっています。


高出力だから照射回数を減らせる医療レーザー脱毛

エステで主要なものとなっている光脱毛では、肝心の脱毛力に関して出力不足が否めません。これは医師資格がなくても使用できる出力レベルの脱毛機器を使用しているためです。このため、どうしても照射回数を増やして脱毛効果を高める必要があるため、時間と費用を要してしまいます。一方、医療レーザー脱毛では、確実に脱毛できる出力レベルで当初より施術いたしますので、照射回数自体を減らすことが可能です。部位や毛の量にもよりますが、1年から1年半ほどでほとんどの部位で脱毛を完了させることができます。


医療脱毛でも痛くない!そしてスピーディーな仕上がり

医療脱毛では、これまで「痛み」を伴うことが大きなデメリットとされてきました。これは、「絶縁針脱毛」と言われるような「針」を使用した施術を行なうことが医療脱毛の主流となっていたためです。当院では、最新の脱毛機器として医療レーザー脱毛機を採用していますので、以前のような「医療脱毛=痛み」といったイメージを払拭した施術が可能となっています。お肌への負担も少なくスピーディーな脱毛が実現できますので、ご安心ください。


医療レーザー脱毛のリスク面

医療レーザー脱毛のリスクレーザー脱毛機の歴史は、まだまだ浅いのが実情です。1999年にFDA(米食品医薬局:日本の厚生労働省にあたる組織)が、脱毛用レーザー機器の安全性を認めたことで普及が進んだ経緯がありますが、現在でもより安全でより効果の高いものを求めて、日々研究が続けられています。

このようなことから、たとえ最新のレーザー脱毛機を使用していても、現実問題として熱傷(いわゆるやけど)が起こるリスクなどは完全に排除することができません。当院では、トラブルが起こらないよう全力を期した施術を行なっておりますが、万一以下のような作用が生じた場合でも、専門医の判断も含め迅速かつ適切に対応させていただきます。


赤みやヒリヒリ感

レーザーの照射を受けると、その部位は通常軽いやけど状態になります。これにより、赤みが出てきたり毛穴にかさぶたを生じることもありますが、正常な反応となるため心配はご無用です。ヒリヒリとした痛みを感じる場合も、無料で炎症止めの塗り薬を処方しておりますので適宜ご使用ください。なお、赤みやヒリヒリ感については、お肌の乾燥状態が強く影響してきます。照射前後にしっかりと保湿ケアすることを心がけてください。


毛嚢炎(もうのうえん)

ワキやVラインなど、毛自体が比較的太い箇所や、胸や背中などの皮脂腺が多い部位では、脱毛後にニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)ができることがあります。これは毛のメラニン色素に対しレーザーを照射させた結果、毛穴のバリア機能が一時的に低下したために稀に起こってしまう症状です。毛嚢炎を生じた際は、過度にご心配になる方も見られますが、1~2週間程度で自然に治まっていくのが一般的です。長期に渡り改善しない場合などは、ご遠慮なく医師にご相談ください。


炎症、むくみ

レーザーの照射を受けると、炎症性浮腫(えんしょうせいふしゅ)といった毛穴周辺の皮膚の炎症、もしくはむくみが少なからず生じます。すぐに治まるものですので、ご安心ください。


熱傷(やけど)

医療レーザー脱毛において、熱傷、いわゆる「やけど」を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。これは患者さま一人一人の肌質や体質、毛の濃さなどとも関係し、レーザー照射の出力レベルを最も適切なものに見極める必要があるためです。

「医療レーザー脱毛」の実施にあたっては、医師もしくはその監督下にある看護師のみがそれを担当しますが、当院では照射を行なう看護師に対しては徹底した研修や、定期的な勉強会を実施しています。これにより、やけどのリスクを極力回避し、万一起こってしまった場合においても迅速に適切な処置ができるよう配慮しています。なお、次のような肌質の方に関しましては、やけどが起こる可能性が高くなります。事前にスタッフにご相談ください。

  • 極端に乾燥肌である場合
  • 肌質としてお肌の色が濃い方
  • 日焼け跡が強く残っている場合

色素沈着

レーザーの照射後は、強い日焼けや皮膚の摩擦などを受けた場合に、一時的にシミに似た色素沈着を起こす可能性があります(照射後1ヶ月程度)。このため脱毛施術の前後では、日焼け止めクリームを確実にご使用いただき、体を洗う際もゴシゴシと強くこすりすぎないような配慮をお願いします(摩擦熱の影響の回避)。当院では、経験豊富な医師やスタッフが各段階の注意点などをきめ細かくご案内いたします。疑問や不安点なども適宜ご相談ください。



増毛化・硬毛化

毛が濃く太い部分については、レーザーを照射することで効率的に毛根内部まで熱を伝えていくことができますが、背中などのもともと細く弱い毛(産毛)に関しては、毛のメラニン色素にレーザーを効果的に反応させるのが難しい要素もあります。このため、中途半端にレーザーが照射された場合、毛乳頭周辺の毛母細胞を破壊することができず、かえって活性化させてしまうというリスクもあります。

このようなものが、「増毛化」や「硬毛化」と言われるものです。このため、当院では産毛が多い部位にレーザーを照射する際、毛根奥の毛乳頭を適切に破壊するべく火傷(やけど)を負わないギリギリのレベルにまで出力レベルを調節していきます。技術の高い医師もしくは適切な研修を受けた看護師が施術にあたりますので、どうぞご安心ください。


レーザー脱毛を実施する際に注意いただくこと

予約・問い合わせフォーム